オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

『ナイト・ミュージアム』のカウボーイや『アルマゲドン』のオスカー、『カーズ』の主役の声を担当するなど、有名作品に数多く出演している、ハリウッドの人気俳優オーウェン・ウィルソン。そんな彼の真の姿について伝えるブログです。

オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

MENU

映画

オーウェン、アニー役の演技指導?! ― 映画『クーデター』の魅力②

優しく、心の強いジャックの妻アニー。でも、アニーの演技を生み出したのは演じたレイク・ベルではなく、オーウェン・ウィルソンでした! パニックスリラー映画『クーデター』の制作裏話。

オーウェンの真の姿が味わえる! 映画『クーデター』の魅力①

映画『クーデター』はオーウェン・ウィルソンを主役に想定して作られたストーリー! 🔹オーウェンと主人公の共通点は?🔹1.パニックの時でも、もっと弱い者に気づく 2.常に落ち着きを持ち、時には果敢な思いつきを実行する

「ボケナス」なんて言ってない! 言葉のきれいなカウボーイ ― 『ナイト・ミュージアム』シリーズ 解説②

字幕では全然違う意味になってしまっていることも多いけど、ジェデダイアのセリフはその代表的存在! 🔹「ボケナス」➡「フラップジャック」🔹「ウザ・キモいイカレ野郎」➡「1.誇大妄想、2.変人」🔹

オーウェン、1作目はノーギャラ&ノンクレジット出演! ― 映画『ナイト・ミュージアム』シリーズ 解説①

『ナイトミュージアム』シリーズに出てくる小さなカウボーイとローマの皇帝。🔹実在のジェデダイアとオクタヴィウス🔹オーウェン・ウィルソンとスティーブ・クーガンのアドリブ🔹オクタヴィウスの怪しい趣味🔹『ナイトミュージアム』をお得に視聴できるところは?🔹

オーウェンにとって最高に危険な作品の1つ! ― 映画『トラブル・マリッジ』を鑑賞する⑤

意外かもしれませんが、『トラブル・マリッジ』はお義理にも安全とは言えません。 1.車に撥ねられる 2.屋根から落ちる 3.スケートランプ 4.水鉄砲を顔にかけられる

カンヌ国際映画祭も犯罪者の集団? ― 新たなディープフェイク映画

「誰々は有名だから信用できる」、「どこどこは歴史も長い」と考える人は騙されます。自分の見たものがおかしければ、それはおかしいのです。 カンヌ国際映画祭もご多分に漏れず。

オーウェンとデュプリーの共通点3選 ― 映画『トラブル・マリッジ』を鑑賞する④

似合わない役であっても、自分自身の才能と魅力で素敵に見せてしまう才能を持つオーウェン・ウィルソン。お邪魔虫というありがたくない役の時には、どういう個性を生かして演じたのか?

何もかもあべこべ?! ― 映画『トラブル・マリッジ』を鑑賞する③

お邪魔虫が家事をテキパキとこなし、夫が迷惑ばかりかける映画。 元々オーウェン・ウィルソンが夫の役を演じる予定だったせいで、映画の内容に矛盾が出てしまっているところが多数。

ネクタイがドアの取っ手にかかっていたら引き返すべし!― 映画『トラブル・マリッジ』を鑑賞する②

アメリカで、ドアに帽子やネクタイが掛けてあったら、入出は厳禁ですよ! 映画『トラブル・マリッジ』では、この暗黙の了解を破ったばかりに大騒ぎになりました!

犬の動きを参考にした?! オーウェンとデュプリー − 映画『トラブル・マリッジ』を鑑賞する①

日本では未公開のままに終わった映画、『トラブル・マリッジ』。下品な描写もあるけど、なかなかいいコメディですよ。何と言ってもオーウェン・ウィルソン演じるデュプリーがとにかく可愛い!

マーベルのドラマ『ロキ』は嘘の塊! ー メビウスはオーウェン・ウィルソンではない!

これを見て気づかないなら、目は何のためについてるんですか? メビウスを演じている時のオーウェンウィルソンを、過去映画のオーウェンと見比べてください! 別人であることは一目瞭然です!

ポール・ラッドがあの曲を?! − 映画『幸せの始まりは』を深く鑑賞する⑤

コロナが嘘だったと実感する人もどんどん増えてきて嬉しいかぎり。何と、ついに厚生省もコロナの嘘を認めたようですよ!

「こんなシーンなかったよね?」オーウェンの疑念 ― 映画『幸せの始まりは』を深く鑑賞する④

この映画、さすがに長くなっていますね。ストーリー考察もしていたので、第4回目でやっと裏話をする段階にたどり着きました。

非常識なのはリサ− 映画『幸せの始まりは』を深く鑑賞する③

『幸せの始まりは』も第3弾に来ました。今日はいよいよTwitterのフォロワーさんにご協力いただいたあの問題を提示しますよ。

リサ1人を大事にするマティー ― 映画『幸せの始まりは』を深く鑑賞する②

マティーはプレイボーイとされているけど、実際はとてもまじめ! オーウェン・ウィルソンが演じたのだから、当然かもしれません。彼はプレイボーイの対極にある性格ですから。

隅に置けないプレイボーイのジョージ ‐ 映画『幸せの始まりは』を深く鑑賞する①

トップページをWordPress風にカスタマイズしました。皆さんがおっしゃるように、このほうがオシャレですね。まだまだ手を加える部分はたくさんありますが、徐々にしていこうと思います。 さて、このところ、新しい記事とアメブロからの引き継ぎを交互にアッ…

字幕に出ない手紙の内容は? ‐ 映画『ライフ・アクアティック』解説④

🔹字幕に出ない手紙の内容🔹使われたヘリコプターが撮影中に墜落したエピソード🔹ビル・マーレイ、うっかり銃を海に落とす!🔹オーウェン・ウィルソンとビル・マーレイは微妙な関係🔹

仇を恩で返す! オーウェンとネッドの最大の共通点 ‐ 映画『ライフ・アクアティック』解説③

オーウェン・ウィルソンとネッドの共通点(続き)ー🔹仇を恩で返す🔹ー🔹几帳面な性格🔹ー🔹とっさに状況を察知できる🔹オーウェンの父も出演!

オーウェンの性格が見えるシーンの数々 − 映画『ライフ・アクアティック』解説②

冒頭、スティーブ(ビル・マーレイ)が新しい映画を上映して、質疑応答に移った時。バカにしたような質問が次々と寄せられる中、ネッドは「次の映画はいつ製作されますか?」と、スティーブを気遣う質問を投げかけます。 気まずい雰囲気を何とか救おうとする…

ネッドはオーウェンのために書かれた役 − 映画『ライフ・アクアティック』解説①

映画『ライフ・アクアティック』について解説しています。連載その1は、オーウェン・ウィルソンと監督ウェス・アンダーソンの関係や、オーウェンがネッドを演じるまでに至ったいきさつについて。

オーウェンは犬と赤ちゃんの面倒を見た?‐『マーリー、世界一おバカな犬』②

『マーリー、世界一おバカな犬が教えてくれたこと』(原題︰Marley&me)第2弾です。

隣の芝生を青く思わずに〜オーウェンの生き方 −映画『マーリー、世界一おバカな犬』①

Twitterでリクエストをいただいていたので、今回からは『マーリー』を取り上げます。

オーウェンは拷問シーンで本当に怪我をした? 映画『アイ・スパイ』④

コロナは嘘か本当か? Twitterで皆さんの考えを募集中です⬇️

歌のシーンはオーウェンもエディも嫌がった? ― 映画『アイ・スパイ』の見どころ③

🔹『アイ・スパイ』の求愛の歌は下品すぎて、オーウェンは嫌がった!🔹雪崩に巻き込まれるのはオーウェン自身?🔹

「文句屋」と「文句あんのか男」の違い? 魅力的なオーウェンのアドリブの数々 ― 映画『アイ・スパイ』の見どころ②

🔹滑稽な飛行機シーン🔹下水道シーン🔹文句あんのか男🔹オーウェン・ウィルソンのアイディアがいっぱい!

オーウェン・ウィルソンとエディ・マーフィーのコンビ!− 映画『アイ・スパイ』の見どころ①

オーウェン・ウィルソンとエディ・マーフィーのめずらしいコンビ! 🔹オーウェンはコメディ俳優というよりアクション俳優!🔹エディ・マーフィーの即興とオーウェンのアドリブ🔹監督、オーウェンに意地悪をする!🔹

あの和解シーンはオーウェンが作ったもの! ― 映画『ズーランダー』③

アメブロからの移行もはかどってきました。いよいよ 『ズーランダー』も第3弾。オーウェン演じるハンセルについて、もう少し見て行きましょう。

「木の皮になりたい」の真意は? クールなハンセル ― 映画『ズーランダー』②

『ズーランダー』第2弾です。前回はベンとオーウェンの関係をメインに書きましたが、2回目の今日はハンセルの役柄がテーマ。

ベン・スティラー、オーウェンに嫉妬? ― 映画『ズーランダー』①

今日は何も考えずに大笑いできる映画を。今回はベン・スティラーが初登場です。

オーウェン、肩を脱臼したままアクションをこなす! ― 映画『エネミー・ライン』④

『エネミー・ライン』第4弾。この映画は次々と驚きのエピソードが飛び出しますが、最終回の今日も、かなり仰天するものがあります。