オーウェン・ウィルソン|知られざる性格をすべて公開!

『ナイト・ミュージアム』のカウボーイや『アルマゲドン』のオスカー、『カーズ』の主役の声を担当するなど、有名作品に数多く出演している、ハリウッドの人気俳優オーウェン・ウィルソン。そんな彼の真の姿について伝えるブログです。

スティーブの愛が勝つ?細やかなニュアンスに彩られた映画『アー・ユー・ヒア』の結末

曖昧模糊とした終わり方をする映画《Are you here》。でも、映画を素直に観れば、ハッピー・エンドなのは明らか。自然現象やファッションまで深い意味を持たせ、感動的なエンディングです。

【キャラクター考察】映画『アー・ユー・ヒア』スティーブの不幸な過去

映画本編にスティーブ(オーウェン・ウィルソン)の過去はいっさい出てきません。が、そこはさすがミステリアスなこの映画。会話や仕草にさり気なくヒントを散りばめてあります。

登場人物の9割が悪役?!本当は怖い映画『アー・ユー・ヒア』

映画《Are you here》は実は悪人のほうが多いミステリー。一見ごく普通に見えるキャラクターが大悪党だったり・・・。ここでは登場人物の中からヴィランを洗い出します。

真犯人は誰? 犯罪の動機は?『ザ・マイナスマン』の謎を解明!

マイナー映画だからといって侮るなかれ。『ザ・マイナスマン』はミステリ映画の中でも特に面白い映画の1つ。キャッチコピーに騙されず、純粋に作品を楽しむのが魅力を味わうコツです。

『ザ・マイナスマン』ヴァンは犯人ではない?|無実を示す4つの証拠

「ストーリーがモヤモヤして分からない」? それは主人公ヴァン(オーウェン・ウィルソン)を殺人犯と決めてかかるからです。この映画の犯人はヴァンではありません。

奇跡の人?! オーウェンらしいエピソード5選|映画『シャンハイ・ヌーン』解説③

泥棒で女好きのガンマンを演じながらも、真面目で誠実な性格を垣間見せるオーウェン。彼の性格をうかがい知れるシーンを集めました!

『シャンハイ・ヌーン』は配信されている? 作品情報と観られるサービスを紹介!

ジャッキー・チェン✕オーウェン・ウィルソン初共演の『シャンハイ・ヌーン』の作品情報と観られるサービスをまとめました。

オーウェンは下ネタが大嫌い!|『シャンハイ・ヌーン』解説②

映画『シャンハイ・ヌーン』でチョン(ジャッキー・チェン)とロイ(オーウェン・ウィルソン)が脱獄するシーン。オーウェンは、オシッコで濡らしたズボンを使うことを嫌がり、猛反対しました。

4つの殺人事件を推理!『ザ・マイナスマン』のターゲットは誰?

オーウェン・ウィルソンが若い頃に出演した映画『クアドロフォニア-多重人格殺人』。ストーリーには、観客も探偵気分になれるだけの暗示がいっぱい!

マックイーンの嫉妬はスピードではなく恋が原因?!|『カーズ2』解説

『カーズ2』はマックイーンの出番はやや少なく、オーウェンらしさもあまり発揮されていません。でも、フランチェスコとマックイーンの対立には、彼のセンスがよく活きています。ついでにおもちゃの紹介も。

あの生き埋めシーンは本当にオーウェンが演じた?! ― 映画『シャンハイ・ヌーン』解説①

『シャンハイ・ヌーン』の作品情報やキャスト、製作の裏話について解説しています。本ブログはオーウェン・ウィルソン専門なので、特にロイの場面がメイン。 全3回の連載です。

ディープフェイク映画を許すな!声も加工が可能だから警戒を!

腐りきった映画会社はディープフェイクを使うことで製作費を安く済ませ、それを有名俳優の名を使って丸儲けしています! あなたも自分がファンの俳優さんがいたら、最近の映画をチェックし、顔が不自然でないかどうか観察してください。もしオーウェンの場合…

マックイーンの声はオーウェン・ウィルソン!|『カーズ』シリーズ解説①

『カーズ』シリーズの製作エピソードをご紹介。主役マックイーンの声はオーウェン・ウィルソン。ピクサー監督のジョン・ラセターは『シャンハイ・ヌーン』を観て、オーウェンの大ファンになっていました。

『ザ・マイナスマン』誤解されたサスペンス映画|あらすじと感想

日本では『クアドロフォニア-多重人格殺人』(1999)としてソフト販売された映画。しかし、このタイトルは内容とチグハグ! この作品に関してはどこを探しても、まともなあらすじがなかったので、ここでご紹介しています。

『ホーンティング』の城はエレノアだけでなくルークにも語りかける

死んだ子どもたちの嘆く声が聞こえる不気味な城ヒルハウス。『ホーンティング』(1999)ではエレノアよりルークが先に霊現象を味わいます。こうしたルークの人物像は、演じたオーウェン・ウィルソンによって構築されました。

『ホーンティング』のルークは明るく好奇心旺盛!

『ホーンティング』(1999)のルーク(オーウェン・ウィルソン)は好奇心いっぱいで明るい性格。怖くないホラーの中でも、とびきりの輝きを放っています。

『ホーンティング』は怖くなかった!ホラーが苦手な人にも安心|映画『ホーンティング』解説①

『ホーンティング』は怖くないホラー映画。笑いや明るさもあり、人間の温かさまで感じられるファンタジーです。私のようにものすごい怖がりでも安心して観ることができました。オーウェン・ウィルソン×リーアム・ニーソン唯一の共演作でもあり、必見です!

最高にオーウェンらしい映画『クーデター』のジャック

映画『クーデター』2015。赴任先で突如起きたクーデターに巻き込まれた家族が必死で守り合う姿を描く。オーウェン・ウィルソンとピアース・ブロスナンが共演!主人公はオーウェンのために書き下ろされています。

オーウェンのおすすめ映画は?コメディもシリアスも完璧!

映画『エネミー・ライン』、『ライフ・アクアティック』、『クーデター』など、俳優オーウェン・ウィルソンの魅力を味わえる作品をご紹介!

あの人もスティーブ役の候補だった?難航したキャスティング|8.映画《Are you here》は試行錯誤の末に仕上がった

日本ではまったく知られていない映画《Are you here》。2013年に公開されましたが、キャスティングには多大な苦労を伴いました。スティーブ役にはブラッドリー・クーパーやマット・ディロンが候補に上がったことも。

映画『マリー・ミー』に騙されるな! オーウェン・ウィルソンは出演なし!

最近の映画はまず疑ってかかったほうがいい!いま話題の『マリー・ミー』もニセモノですよ。オーウェン・ウィルソンは出ていません。

スティーブは最高の演技力を必要とする難役|7.映画《Are you here》に見るオーウェンらしさ

このブログ恒例の、オーウェンが演じた役柄から彼の性格を読み解く回です。スティーブ役にはオーウェンのエッセンスが凝縮されています。

天気予報士=予知能力の象徴?|6.映画《Are you here》謎解きのプロセス

風情あるミステリーロマンス映画《Are you here》。主人公スティーブはどのように真相を知ったのか? 宗教組織アーミッシュの恐ろしさ、娼婦の正体、鶏・・・。読み解くカギはたくさん!

『フレンチ・ディスパッチ』はアンダーソンへの侮辱! 悪質なディープフェイク映画

「誰々は有名だから信用できる」、「どこどこは歴史も長い」と考える人は騙されます。自分の見たものがおかしければ、それはおかしいのです。 カンヌ国際映画祭もご多分に漏れず。

善悪を揺れるヒロイン|2.映画《Are you here》キャラクター考察①

映画《Are you here》。日本ではAmazonだけで字幕版が配信されています。スクリーンのヒントを手がかりに、ヒロインのアンジェラが「善なのか悪なのか」考えてみましょう!

オーウェンの知られざる映画《Are you here》|1.あらすじと登場人物(キャスト)

日本では全く知られていないオーウェン・ウィルソンの隠れ名作《Are you here》のあらすじを結末まで書いています。

またまたオーウェンの案! マックイーンがクルーズにレースを譲るラスト|『カーズ/クロスロード』解説

『カーズ/クロスロード』は人生の岐路に差し掛かったマックイーンの物語。製作者もエンディングにはかなり迷いがあったのですが、最終的にはマックイーンの声を担当したオーウェン・ウィルソンの提案が受け入れられることに。

マックイーンにはオーウェンのアイデアがたくさん!『カーズ』シリーズ解説②

大人気のアニメ『カーズ』シリーズ。主役のマックイーンのキャラクターには、声を担当したオーウェン・ウィルソンのアイデアがたくさん込められています。ラストのキングを救うシーンなどはオーウェンらしさ満点!

字幕に出ない手紙の内容は?|『ライフ・アクアティック』解説④

映画『ライフ・アクアティック』では、ジェーン(ケイト・ブランシェット)がネッド(オーウェン・ウィルソン)に宛てた手紙がアップになります。が、時間が短すぎて、日本語字幕では割愛。ここで内容を書き起こしてみました。

仇を恩で報いる! オーウェンとネッドの最大の共通点|映画『ライフ・アクアティック』解説③

映画『ライフ・アクアティック』の解説③。ウェス・アンダーソンがオーウェン・ウィルソンの性格を刻印した役柄ネッド。「仇を恩で報いる」精神に感動!