オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

『ナイト・ミュージアム』のカウボーイや『アルマゲドン』のオスカー、『カーズ』の主役の声を担当するなど、有名作品に数多く出演している、ハリウッドの人気俳優オーウェン・ウィルソン。そんな彼の真の姿について伝えるブログです。

オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

オーウェンとデュプリーの共通点3選 ― 映画『トラブル・マリッジ』を鑑賞する④

 ずいぶん間が開いてしまいました。新婚の親友夫婦の家に、職にあぶれた35歳の無邪気な男が同居するコメディ映画『トラブル・マリッジ』連載その4です。
 
 これもかなり長くなっていますね。ごめんなさい。でも、書きたいことがたくさんあるものですから。
 
 退屈だったら、いつでも読むのをやめてくださいね。もちろん、読んでいただけたらとても嬉しいけど・・・。

🍀映画のあらすじ・予告編、過去記事🍀

f:id:Jane-Knowing:20210618170428j:image

ストーリーとキャスト

 

予告編

 

これまでの記事

1️⃣
 
2️⃣
 
3⃣

🍀オーウェンとデュプリーの似ているところは?🍀 

Embed from Getty Images

 最初の記事 に書いたように、デュプリーとにかく可愛い性格。何の邪心もなく、純真で幼子のような雰囲気です。

 それでいて、人生に対するアプローチは意外にも真剣で、まじめ。傍若無人で社交的な点を除けば、かなりオーウェンに似ています。というより、オーウェンが演じるうちに似てきたとも言えますが・・・。
 
 このブログはオーウェンの性格を正しいイメージを伝えるためのものですから、演じるキャラクターとオーウェン本人を比較するのはとても大事なテーマ。ここからはオーウェンデュプリーの共通点を3つ上げてみましょう。

1.家事がとても上手

f:id:Jane-Knowing:20210703130956j:image
Photo by Universal Pictures, imago-images
 これはオーウェンの最大の特徴の一つです。
 
『ズーランダー』ではパンを焼いてみんなに振る舞うし、『スタスキー&ハッチ』のハッチは二日酔いのスタスキーのためにドリンクと朝食を作ってやります。『幸せの始まりは』でも、落ち込むリサのためにヨーグルト風のデザートを出してやるシーンがありましたね。
 
 デュプリーも、オーウェンの家事上手の流れを汲む役柄。というより、台所仕事の回数は他の作品よりも多いくらいです。
 
 面白いのは、デュプリーに料理や給仕をさせてもまったく失敗しないこと。トイレが故障した翌日、彼はお詫びにと、モリーケイト・ハドソン)の好物を作って朝食を整えます。イライラしていたモリーもこれにはすっかり和み、嬉しそうに食べはじめます。
 
 カールマット・ディロン)が男たちを呼んで騒ぐシーンも、マルガリータを作って、給仕する役に回っていますよね。
 
 デュプリーカールのために夕食を作ってやるシーンもあります。ここでは女性のモリーよりもテキパキしていて、アドバイスまでするほど。結局カールは連絡もせずに遅刻し、デュプリーモリーの両方を怒らせてしまうのですが・・・。
「料理をどこで覚えたの?」と驚くモリーに、デュプリー「イタリア料理の番組を数週間観て、ニンニクの切り方は映画で覚えた」と答えるのですが、この習得能力の速さもオーウェンの特徴です。

f:id:Jane-Knowing:20210711102528j:plain

Photo by Universal Pictures, cinema.de

 他にも、焼け跡をキレイに片づけるシーンがあったり、カールが書ききれないお礼状を代筆したり、いろいろと雑務を引き受けています。
 
 話の内容を考えればちょっと意外ですが、この映画はオーウェンの家事能力がフルに発揮されている作品とも言えますね。これもあべこべのせいかもしれませんが・・・。
豆知識︰マルガリータって何?

 映画中、何度か出てくるマルガリータ。私みたいにお酒に詳しくない人間は「何かしら?」と思うことでしょう。それとも読者の皆さんはとっくにご存知でしょうか?

 これはカクテルの一種で、テキーラにオレンジ風味のリキュールとレモン(またはライム)ジュースを混ぜて作るそうです。

 私はお酒に疎いので、この映画で初めて知ったんですが・・・。

2.人生観がとても真面目

f:id:Jane-Knowing:20210703134351j:image
Photo by Universal Pictures, librarians 
 デュプリーは、オーウェンが出演したコメディの中でほぼ唯一真面目な役でもあります。
 
「あら? クーデターとかエネミー・ラインは?」
 
 だから、コメディの中でって言ったじゃありませんか! ちゃんと読んでくださいよね。
 オーウェンがコメディを演じる時、大抵は性格的にあまりに不釣り合いな役がほとんどで、判で押したように【プレイボーイ】にされてしまうんですよね。が、このデュプリーは真剣に恋愛に取り組みます。
 
 モリーが良い女性と思ってデュプリーに紹介した、学校の司書マンディー(本人は登場せず、体の一部が映るだけ)。純情なデュプリーは本気で恋をし、「運命の出会い」とまで言って熱を上げるものの、一夜の付き合いで捨てられてショックを受けますマンディーは【一夜をすごせば、それでおしまい】という浮気娘なんですね。
 
 絶望のどん底に突き落とされたデュプリーが雨の中で涙を流しているシーン(↑の写真)は、モリーでなくとも可哀想になってしまいます。通りすがりの車が水を跳ねかけても動きもせず、ため息をつきながら、口から水を吹き出す有様。濡れて風邪をひくことを心配するモリーに答えて言うのは、
 
「もうどうなってもいい・・・」。
 
 かわいそうに・・・。でも、この場面のオーウェンは可愛くもあるんですよね。心を傷つけられた、無防備な子供みたい。
 それにしても、こんなに純真でいじらしい人を捨てるなんて、マンディーの気が知れませんね・・・。
マンディーとデュプリーのような関係はオーウェン本人も経験がある?
 インタビューの時、「あなたもデュプリーみたいに恋人を取り戻そうとしたことはあるの?」と聞かれたオーウェン「あるよ。ほんとに必死になったこともあるんだ。お花を送ってみたり、周りにはアンティークショップに出かけると嘘をついて、彼女の後を追ってみたり・・・。でもね、たいていこういう関係は続かないものだね。無駄にご機嫌とりするだけで、結局何にもならないんだと、苦笑しています。
「アンティークショップに出かける」と、嘘をつくのは、彼が懐古趣味だからです。
デュプリーが泣きながら聴いている曲は?
 よく見ると、デュプリーは雨に打たれながらヘッドフォンをつけていますよね? あの時聴いているのは、バリー・マニロウの《哀しみのマンディー》! 
 
  • 《哀しみのマンディー》
 
 失った恋人マンディーを思って、雨の中で苦しむシチュエーションがデュプリーと重なっています。というより、この歌に合わせて場面を作ったのだと思いますが・・・。
オーウェンの可愛い仕草をもう一つ
f:id:Jane-Knowing:20210703172413j:image
Photo by Universal Pictures, imago-images 
 マンディーが学校職員の半分と寝ていたことを知ったデュプリーは愕然とし、自分も弄ばれただけだったことを知って、さらに絶望します。
 雨のシーンと同じで、このショックの受け方もかわいそうで可愛い。苦悶しながらも通り過ぎる男たちを観察し、すがるようにモリーに目で尋ねるのが、オーウェンらしい演技ですね。不安に怯える子供のような仕草です。

3.仇を恩で返す

f:id:Jane-Knowing:20210703175247j:image
Photo by Universal Pictures, tshirtonscreen
 これもオーウェンの特徴。デュプリーは、カールから不当にモリーとの仲を疑われ、夕食中に首を絞められてしまいます(もちろん、首を痛めただけで助かりますが)。しかし、カールがそのまま家を飛び出し、翌朝になっても戻らないのを見ると、デュプリーは仲の良い子どもたちと協力して、街中を探し始めるのです。やっとバーで飲んだくれているカールを見つけ出した時も、少し腹を立てたような顔はしても、決して相手を責めず、むしろ励ましてやります
 
 どうでしょう? 普通、あらぬ疑いで自分を殺そうとした相手をこんなに労力をかけて捜し出しますか? 
カールのために囮にまでなる!
f:id:Jane-Knowing:20210703180034j:image
Photo by Universal Pictures, rottentomatoes
 
 しかも、これで終わりではなく・・・。デュプリーはさらに犠牲を払ってカールを助けます。その後、カールが義父のトンプソン氏マイケル・ダグラス)と話をつけに会社に行く時には囮になって大柄な警備員と戦いついには天井から落下してまで守り抜くほどの献身ぶり
 
 これこそ、
 
仇を恩で返す行為!
 
 さっきも書きましたが、普通だったら激怒して、「カールの顔なんか見たくもない!」と言っても不思議ない状況なのに。本当に心優しい、気高い精神だと思います。
 
 実際のオーウェンも仇を恩で返すタイプですから、こうした設定はしっくりきます。『ライフ・アクアティック』のネッドもそうでしたね。
カールの暴行にはオーウェンの負の部分が反映されている?
 一方で、初めオーウェンカールに感情移入していたことを考えれば、デュプリーにつかみかかるカールの行為もまたオーウェンの性格を反映しているかもしれません。
 
 オーウェンは誰よりも優しい反面、驚くほどの気性の激しさも持ち合わせています。耐えがたいほどの苦しみと怒りに我を忘れたら、カールのように発作的に相手に飛びかかる可能性も秘めているのです。
 
 ですから、ね? 『ロキ』だの『ブリス』だのをでっちあげた犯人の皆様、いまから十分に覚悟しておいたほうがいいですよ。

おまけ:可愛い服が似合う

f:id:Jane-Knowing:20210703213043j:image
Photo by Universal Pictures, filmgarb
 これは共通点とはちょっと違いますが、後半でデュプリーが着ているシャツ、とても可愛いと思いませんか? 小人ちゃんが描いてあって、「僕のちいちゃなお友達にあいさつしてね!」とメッセージがついています。
 純真なデュプリーの性格を表しているのでしょうけど、これがまたオーウェンによく似合うんですよね・・・。
 
 ごめんなさい、この映画、あと一回続きます・・・。
 
つづく➡️
 

🎬『トラブル・マリッジ』を観る🎬

  最近人気のビデオ・オン・デマンドでは、現在1社のみ。

music.jp

 私が初めて登録したVOD。こちらは30日間の無料期間があり、登録後1,600円分のポイントが付与されます。『トラブル・マリッジ』299ポイントで視聴可能。しかも、画質はフルHD!

music.jpで観る

DVD・Blu-ray

 動画配信サービスは手軽で便利だけど、しっかりと映画を鑑賞するなら、やはりDVDやブルーレイがおすすめ。視聴期限がなく自由度が高いのがメリットです。