オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

『ナイト・ミュージアム』のカウボーイや『アルマゲドン』のオスカー、『カーズ』の主役の声を担当するなど、有名作品に数多く出演している、ハリウッドの人気俳優オーウェン・ウィルソン。そんな彼の真の姿について伝えるブログです。

オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

原作の出版日を後から修正?! − 映画《Marry me》の撮影はまだ終わっていない?

f:id:Jane-Knowing:20210418161816j:image
Photo by Peatix
 コロナウィルスで何度も公開延期されている新作ロマコメ《Marry me》
 ニュースを見ると、また公開延期されたようですね。建前上は、世界的に流行らされた「コロナウィルス対策のため」だそうです。あえて流行らされた、と書きますよ。ある充分に根拠のある理由からそう言うのです。
 
 抗議なさりたい方、それではお聞きしますが、あなたやあなたの周囲の誰かがコロナに罹りましたか? 「医者に診断された」という答えは受けつけません。流行らされたコロナですからね。そうではなく、ご自分の症状が単なる風邪ではなくて、間違いなくコロナだったとお感じになる理由をお答えください。もちろん、「ニュースになった」なんていう回答はアウトですよ。
 
 ちょっと話が横道に逸れました。ごめんなさい。

不自然な公開延期

 さて本題に戻るとして、この映画、いくら何でも延期され過ぎです。最初は2020年中の予定で、21年のバレンタインに延び・・・5月に持ち越され・・・何と! 今度のニュースで22年のバレンタインまで延期されることになりました。
 
 確かに嘘コロナのせいで、去年アメリカで公開された映画のリストを見ても、劇場公開は少なめではありますが、それでもまあまあの本数が劇場公開されています。それも大半が、明らかに《Marry me》よりも話題性のない映画ばかりなんですこれはちょっと変じゃありませんか?
 ただでさえ制限された中で公開するなら、当然人気の出そうな作品を優先するのが普通です。映画業界もお金で回っているのですから、つまらない作品だけ上映して、むざむざ利益を捨てるはずがありません。これは何か裏がありそうですね・・・。
 

またまた合成写真・・・オーウェンが若すぎる?

 ↓この写真をご覧ください。
 
f:id:Jane-Knowing:20210418162033j:image
Photo by STXFILMS
 
 映画の一場面として解禁されたものなのですが、
 
例によって合成です。
 
 長くなるので、おかしい箇所をいちいち羅列するのは控えますが、ジェニファー・ロペスの膝にシートベルトらしきものがかかっていて、室内にそぐわない点オーウェンの顔が最近の写真にしては若すぎる点だけは指摘しておきます。
 
f:id:Jane-Knowing:20210418162156j:image
Photo by Dale Robinette, realsound
『ワンダー、君は太陽』(2017)
 
 ↑ご覧の通り、何歳になってもオーウェンは若々しいんですが・・・。
 
Embed from Getty Images
 やはり年齢の違いは分かりますよね。《Marry me》の撮影は、ニュースを信じるならば2019年ですから、もう少し年でないとおかしいんです。
 

まともな予告編ひとつない!

 
 変なことはまだあります。この映画、ストーリーは細かいところまでちゃんと決まっているんですが、まともな予告編が未だ一つも現れていません
 
 Official trailerを名乗る唯一の動画は⬇️これだけ。
予告編と呼べる代物じゃありません!
 
 ジェニファー、オーウェン、マルーマの3人がちらっと映るだけ。しかも、たった16秒ですよ? これではただのキャスト紹介でしょう。制作が決まった時点でも作れるような動画です。公式サイトも見てみましたが、写真1枚なく、誰でも作れそうな情報量の薄いものでした。
 それに・・・、↑この予告編に出てくるオーウェンまたまたディープフェイクに見えますが、疑い過ぎかしら? 
 
 もちろん、これは『ブリス〜たどり着く世界』『ロキ』のようなインターネット独占映画ではなく、れっきとした劇場公開用ですから、まさかディープフェイクのままで公開できるはずはありません。この事こそが、まさに度重なる公開延期の理由なのではないでしょうか?
 

原作の出版を誤魔化している?!

 
 いくら目をつぶろうとしても、項目が4つ目にもなると、疑いたくなってきませんか?
 
 まず、オーウェンがこの映画出演の最終交渉に入ったと報じられたのが2019年の4月。ここまではいいでしょう。しかし、ここで早くも不思議なことが・・・。
 

 

www.cuemovie.com

 
 ↑このニュースページを読んでみると、
「ボビー・クロスビーによる同名コミックが原作です。こちらで読めます。」
とあり、コミックのページへ誘導するリンクが貼ってあります。さて、そこをクリックすると、あろうことかGoogleから危険信号が発せられるんです。それを無視してページを読み込むと・・・
 
404エラー、このページは存在しません。
 
 まあ、リンク切れはよくある事ですが、話はそれでは終わりません。この原作のコミック、初版は2020年11月3日なのです。これでは、19年時点でこのコミックを原作にするのは無理ですよね。でも、ごまかしはまだまだ続きます
 少なくとも20年の12月時点では、Amazonの商品説明にさっきの日付が書いてあったのですが、現在同じページに行くと・・・
 
「発売日:2010/10/20」
 
辻褄が合うように変更してあります!!!
 
「最初から2010年だったんじゃないの?」
 いいえ、こうしたごまかしはすでに予期していたので、キチンとメモを取っておいたのです。ですから、絶対に記憶違いではありません!
 この前の『ブリス〜たどり着く世界』はAmazonの制作だったし、どうもこの会社は嘘ばかりついているような気がしますね。もちろん、《M絵arry me》の制作そのものにはAmazonは関わっていないはずですが・・・。
 
 そうそう、Amazonといえば、『ブリス』の日本語レビューは最初、1つ星のものが1件しかなかったのに、わずか3日のうちにそれが消され、現在は5つ星の良いレビューに置き換えられています
 
 また話が横道に逸れましたね。今日は脱線してばかりです。しかし、近々2つも重なると、何か悪質なものを感じませんか?
 
 さて、こうしていろいろ考えていると、この映画は撮影が終わっていない、としか思えなくなってきます。そもそも終わっているはずがないのです。
《Marry me》の撮影は19年10月に開始されたようですが、翌月の11月にオーウェンはプライベートで急用ができて、アメリカを離れています。それ以来一度も戻ってないのですから、撮影する暇はありません。
 
 どうでしょう? 異常なほど何度も延期したり、原作コミックの発売日をごまかしたり、普通じゃありません。
 
 映画制作の予定があることは、たぶん本当でしょう。でも、仕上がっていないのに撮影済みのふりをするのは・・・。いったい、どういうわけでこんな嘘をつくんでしょうか。
 
 何とも陰謀めいて、気持ちが悪いですね・・・。