オーウェン・ウィルソン|知られざる性格をすべて公開!

『ナイト・ミュージアム』のカウボーイや『アルマゲドン』のオスカー、『カーズ』の主役の声を担当するなど、有名作品に数多く出演している、ハリウッドの人気俳優オーウェン・ウィルソン。そんな彼の真の姿について伝えるブログです。

実は自殺未遂ではなかった?!オーウェンがヴィンス・ヴォーンに腹を立てている理由とは?

自殺未遂の軽減があるとされるオーウェン・ウィルソン。しかし、新たな証拠が発見されて、事件の様相が一変!オーウェンがヴィンス・ヴォーンに腹を立てた理由がカギを握る・・・

午後12時08分、救急車発動! オーウェン・ウィルソン、自殺未遂の現場

2007年、アメリカを驚愕させたオーウェン・ウィルソンの自殺未遂。様々な憶測が飛び交いましたが、その成り行きの事実を追います。

オーウェンの子供は3人? いいえ、正解は0人!

『ナイトミュージアム』や『インターンシップ』で知られる俳優オーウェン・ウィルソンに子どもは存在しません。ネットニュースで飛び交う「子どもが3人いる」はデマ!

『ザ・マイナスマン』ヴァンは犯人ではない!|無実を示す4つの証拠

「ストーリーがモヤモヤして分からない」? それは主人公ヴァン(オーウェン・ウィルソン)を殺人犯と決めてかかるからです。この映画の犯人はヴァンではありません。

『ザ・マイナスマン』誤解されたサスペンス映画|あらすじと感想

日本では『クアドロフォニア-多重人格殺人』(1999)としてソフト販売された映画。しかし、このタイトルは内容とチグハグ! この作品に関してはどこを探しても、まともなあらすじがなかったので、ここでご紹介しています。

4月の運営報告|初めて検索流入の割合が上回る!

4月はブロガー向けのBrainにチャレンジしていたため、ほとんど記事更新ができませんでした。 ブログ運営も2年めになり、ふと「ページ速度の本当の意味と重要性を知っているブロガーさんがすごく少ない」と気づいて、コンテンツにまとめたものです。 →私のB…

『ホーンティング』の城はエレノアだけでなくルークにも語りかける

死んだ子どもたちの嘆く声が聞こえる不気味な城ヒルハウス。『ホーンティング』(1999)ではエレノアよりルークが先に霊現象を味わいます。こうしたルークの人物像は、演じたオーウェン・ウィルソンによって構築されました。

『ホーンティング』のルークは明るく好奇心旺盛!

『ホーンティング』(1999)のルーク(オーウェン・ウィルソン)は好奇心いっぱいで明るい性格。怖くないホラーの中でも、とびきりの輝きを放っています。

『ホーンティング』は怖くなかった!ホラーが苦手な人にも安心|映画『ホーンティング』解説①

『ホーンティング』は怖くないホラー映画。笑いや明るさもあり、人間の温かさまで感じられるファンタジーです。私のようにものすごい怖がりでも安心して観ることができました。オーウェン・ウィルソン×リーアム・ニーソン唯一の共演作でもあり、必見です!

オーウェン・ウィルソンの現在は【人身売買の被害者】?!

オーウェン・ウィルソンは現在、俳優活動はできていません。メディアでは絶対に報道しないであろう大事件!『ナイトミュージアム』や『アルマゲドン』で有名な俳優オーウェン・ウィルソンが親友の裏切りで、男娼として売り飛ばされてしまいました!