オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

『ナイト・ミュージアム』のカウボーイや『アルマゲドン』のオスカー、『カーズ』の主役の声を担当するなど、有名作品に数多く出演している、ハリウッドの人気俳優オーウェン・ウィルソン。そんな彼の真の姿について伝えるブログです。

オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

MENU

オーウェンを<ゲス野郎>と呼ぶのはやめて! − 生真面目で旧式な価値観

『ロキ』の記事で一気にアクセスが伸びて、ちょっとびっくり! 読者登録数もたった2日で30人も増えました。

 読者離れを覚悟して書いたものでしたから、心から驚いています。

 さて、今日はオーウェンの好みや価値観について。 

🕰️アンティークなものが好き🕰️

 

 オーウェンかなり旧式なタイプの人間であることはこれまで何度も書いてきましたが、彼のこうした面は好みにも現われています。

インテリアに詳しい?

f:id:Jane-Knowing:20210614204622p:plain

Photo by Universal Pictures, wowmagazine


「彼は自称懐古趣味だから」
。『ミート・ザ・ペアレンツ』のコメンタリーで、オーウェンについて語られた言葉。

 この映画でオーウェンが演じるケヴィンは株が大当たりして大富豪になった青年。登場するなり、自分の豪華な家を案内して回るのですが、このケヴィンのセリフはほとんどオーウェンの即興なんです。

「この床板はボリビアから取り寄せたものなんだ」と説明したり、見た目がスッキリする壁に埋め込んだ冷蔵庫を嬉しそうに見せたりする言動がとても熟れています。

 ケヴィンが乗るトラックはレトロな一時代前のもの。オーウェンはごく普通のトラックより、このほうが好きだったそうです

f:id:Jane-Knowing:20210614210201j:plain

Photo by Columbia Pictures, fanpop

『幸せの始まりは』でティーが住むマンションもオーウェンのお気に入り。監督との音声解説では、何度も「本当にいい部屋だね」と繰り返していました。途中、暖炉に薪をくべるショットがありますが、あの雰囲気はいかにもオーウェンにふさわしいですね。ただ、部屋のインテリアとしては、ケヴィンの家のほうがオーウェンの好みには合うかも。

服装も昔風のものが好き

 女性の服に関しても、オーウェンはどちらかといえばドレスを好むよう。

『幸せの始まりは』では、誕生日パーティーで簡素なドレスを着たリース・ウィザースプーンを「リースがとてもきれいだね」と褒めていますし、『ウェディング・クラッシャーズ』でも、主演のレイチェル・マクアダムス「素敵だ」と言うのはワインのドレスを着ている時

 

 そういえば、スポーツウェアを着用している女性を褒めているのは、聞いたことがないような・・・。

👒柄物=プレイボーイ?👒

f:id:Jane-Knowing:20210529234617j:plain

Photo by  Columbia Pictures, yst

『幸せの始まりは』のティーはプレイボーイとして設定された役。実際はそうではない(リサ1人を大事にするマティー )のですが、この設定に合わせて、服装はちょっと派手です。

 

 ところで、オーウェンは柄物の服は基本的に嫌いなようなんですね。理由は、

 

【柄物の服=プレイボーイ】のイメージがあるから。

 

 ふしぎに感じられるかもしれませんが、オーウェンの感覚ではどうもこうなるようです。

 

 音声解説ではおずおずと「着る服にもティーの能天気さが出ているよね。気難しい人ならあんな服は着ないから」などと、やや遠回しな言い方をしています。自分はあんな服を着るタイプじゃない=自分は真面目な男性だと、さり気なく強調しているわけです。誤解されたくないと思っている雰囲気が強く漂っていて可愛いですね。

 

イメージチェンジしようとしたことも?

  柄物の服が好きではないオーウェン。でも、’03〜’04年頃の写真を見ると、意外にも柄物やカジュアルな服装が目立ちます。特に、目が点になったのは⬇️この時。

 

Embed from Getty Images

 

 これってオーダーメイドでしょうか? こんなふうに中途半端に柄がついているシャツは見たこともないんですが・・・。

 

 嫌いなのに、なぜ着たのか? これは推測ですが、彼はイメージチェンジしてみようとしたんだと思います。チェンジなんかしたくないにも関わらず、です。

 

「でも、したくないならなぜしようとしたの?」

 

 もっともなご意見です。でも、その答えも簡単。

 

周囲にからかわれたくなかったから。

 

 自殺未遂に関する記事の時にも書いたように、オーウェンあまりにも真面目すぎて、現代の感覚に馴染めないところがあるんですお堅いせいでいじめられたことも何度もあります

 柄物の服を着て、軽々しい話し方をすれば、周囲に溶け込めるかもしれないと考えたでしょう。『ウェディング・クラッシャーズ』のヴィンス・ヴォーンとのコメンタリーでは、無理して軽いフリをしているのがはっきり分かります。 

f:id:Jane-Knowing:20210614222003j:plain

Photo by Getty images, rollingstone

 後に『インターンシップ』でも共演したコンビですが、『クラッシャーズ』の撮影時は知り合って間もない頃で、オーウェンもまだ完全に心を開いてはなかったよう。この音声解説は、オーウェンの本音を聞き出そうとするヴィンスの優しさが感じられ、いい雰囲気になっています

🔥「女好きのゲス野郎」と呼ぶのはやめて!🔥

 

 日本でも遊び人呼ばわりされるオーウェンですが、英語で書かれたいくつかのサイトを見ると、とんでもないニックネームを見つけました。

 何と、「女好きのゲス野郎」!!!

 

 これは頭にきました。とんでもない侮辱です!

 

オーウェンはプレイボーイが大嫌い!

Embed from Getty Images

 

 このブログの読者ならご存知だと思いますが、もう一度はっきり書いておきます。

 

オーウェンはプレイボーイをとても嫌っています!!!

 

 オーウェンが何を嫌うって、女たらしほど嫌うものはありません。プレイボーイとオーウェンの崇高な精神性は相容れないのです。さっきの『クラッシャーズ』の音声解説でも、30歳を過ぎても夜遊びすることを手厳しく非難し、「あんなのはせいぜい20代はじめまでで卒業すべきだよ」とまで言っています

 

シャンハイ・ヌーン』では、自分のスタントマンの女遊びを叱りつけたエピソードを語り、さらにはロイが他人の妻を口説く設定に眉をひそめていました。

owenwilson.hatenablog.com

誰かがオーウェンを不当に貶めている!

 

 付き合ってもない女性との交際を報じられたり、DNA鑑定の事件をでっち上げられたり、あげくには「ゲス野郎」とまで呼ばれるなんてあんまりです!!!

 ここまでオーウェンのイメージを貶めようとしているのはいったい誰でしょう? どうしてこんなひどいことをするのか、まったく理解できません

 

 オーウェンに対する侮辱は文字だけには留まりません。ネット上にはまだまだゾッとするものがたくさん見つかっています。この件については、また次回にお話しさせてください。

 

つづく➡️

owenwilson.hatenablog.com