オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

『ナイト・ミュージアム』のカウボーイや『アルマゲドン』のオスカー、『カーズ』の主役の声を担当するなど、有名作品に数多く出演している、ハリウッドの人気俳優オーウェン・ウィルソン。そんな彼の真の姿について伝えるブログです。

オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

オーウェン、アニー役の演技指導?! ― 映画『クーデター』の魅力②

 前回書いたようにオーウェンらしさが凝縮されていると言ってもいい映画『クーデター』

 2回目の今日は、製作にあたってオーウェンが果たした役割について書きましょう。

🔹映画『クーデター』のあらすじと予告編🔹

f:id:Jane-Knowing:20210724164648j:image

Photo by Bold Films, imdb

 出張のため、アジア某国に家族とともに引っ越してきたジャックオーウェン・ウィルソン)が暴動に巻き込まれるストーリー。

 話は単純なのですが、そこに描かれている愛情と人間模様が観る人を感動させます。

ストーリー・キャスト

eiga-watch.com

予告編

前回の記事

🔹優しく心の強い女性アニーオーウェンの分身?🔹

f:id:Jane-Knowing:20210726221305j:plain

Photo by Bold Films, Herald

 タイトルで引かなくても大丈夫ですよ。変な内容じゃありませんから。

 さて、本作で、最初に配役が決まったのがジャック役のオーウェン。彼の出演は早くも2012年には発表されていました。

 脚本と監督を務めたドゥードル兄弟ストーリーを練っている時からオーウェンを念頭に置いていたので、これは当たり前かもしれませんね。

 オーウェンに続いて、ピアース・ブロスナンハモンド役に決定しました。

二転三転したアニー役の女優

 キャスティングに難航したのがジャックの妻アニー

 一旦はミシェル・モナハンという女優に決まりかけましたが、撮影の開始が遅れていくうちに、彼女が妊娠してしまい、役を降りることに。

f:id:Jane-Knowing:20210728175025j:image

Photo by fandom

ミシェル・モナハン

 その後、ようやく選ばれたのがレイク・ベル

f:id:Jane-Knowing:20210726143908j:image

Photo by glamour

レイク・ベル

 ドゥードル兄弟の言葉を借りれば「映画監督や脚本の経験もある多彩な女優」で、本編を見るかぎり、確かにとてもよく似合っています。

・ホテルの部屋に取り残され、暴徒にドアを破られまいと抵抗しながら震えるシーン

・泣きながら、「たとえ明日死んでも、この人生に後悔はない」と、夫に愛を伝えるシーン

・疲れ果てて気力をなくしかける夫を励ますシーン

など、レイクの演技が印象的な場面はいくつもあります。

 が、実はアニーあの毅然とした優しい雰囲気は、レイク自身から出たものではありません

アニーの表情・仕草の生みの親はオーウェン

f:id:Jane-Knowing:20210416144144j:plain

Photo by  On this day


オーウェンアニーをどう演じるべきか、演技の方向性を教えてくれたの」と、感謝を込めて語るレイク。彼女は女優経験はあったものの、こういった心の強さを必要とする女性は不得手だったよう。

 アニーの役を作り上げたのはオーウェンでした。彼は、妻であり母親であるアニーという役をレイクに教え、どういう演技をすべきか、しっかり指導したのです。

 そのせいか、映画で見るアニーの性質はレイクより、むしろオーウェンに近く感じられます。というより、アニーとレイクにはまったく共通点がありません。

 ジャックオーウェン・ウィルソン)とアニーレイク・ベル)はお互いに強い愛情と信頼で結ばれています。そして、よくよく観察すると、同じ精神を共有しています。

ジャック・子どもの命を救うため、自分を殺させようとする。
アニー・夫を敵から守るため、わざと飛び出して自分が囮になる。 

 夫婦のどちらも、いざとなった時に捨て身の行為ができるのです。もちろん、こうした行動はもともと脚本にあるのでしょうが、そこに真実味を吹き込むのは俳優。

f:id:Jane-Knowing:20210728231233j:plain

Photo by Bold Films, theworkprint

 ジャックオーウェンそのものと言っていい役柄ですが、役作りを構成するうちに、アニーもまたオーウェンの分身のような存在になっていったようです

 レイクが言うには、オーウェンには本当にお世話になったわ。私はアクションも慣れてなくて、怖がることも多かったんだけど、その度に彼は冗談を言ってほぐしてくれたり、あるいは一緒に危ない動作をやってくれたりした」

 レイク・ベルのアニーが素晴らしいのも、オーウェンいてこそだったんですね。

 ある意味では、『クーデター』オーウェンは2役していると言っても過言ではないかもしれません!

🔹オーウェンの映画には付き物の危険なアクション!🔹

 オーウェンの出演作であっと驚くアクション映画は『エネミー・ライン』ですが、本作も終始アクション続き。

 ちょっと目立つシーンを2つ紹介しておきましょう。

ビルの屋上から飛び移る

f:id:Jane-Knowing:20210728231925j:plain

Photo by Bold Films, vulture

 予告編にも出てくる、あのハラハラするシーン

 ここは、4人の俳優にそれぞれピアノ線を結びつけ、本当に跳んでいます! もちろん、着地点にクッションはありましたが、高さはかなりあったので、勇気が必要だったでしょう。

 もっとも、次女ビーズを演じたクレア・ギア(⬆の写真の子ども)はこのシーンを楽しみにしていて、メイキングでも「今から飛ぶの、すごく楽しみよ! 嬉しそうな顔をできないから、残念だけど」とワクワクしていましたが・・・。

 しかし、オーウェンはワクワクどころではありません。楽しそうなクレア・ギアとは正反対に、「今から落ちると思うと、胃が痛くなるよ」と、疲れ切った表情で話しています。

 かわいそうに、ビルのシーンを撮影した時には、オーウェンはすっかりくたびれていて、着地がなかなかうまくできませんでした。そこで、低い台からジャンプして転がることにし、さっきの高いところから跳んだ映像と合わせたそう。

 そりゃあ、疲れもしますよね! 自分のアクションと演技をこなすだけでなく、レイク・ベルの仕事まで手伝ったのですから

梯子を駆け上がり、ガラスを突き破って逃げる

 アメリカ人が殺されるのを目撃し、大急ぎでホテルに逃げ込む最初のアクションシーン。

 あのガラスはたぶん本物ではないでしょうけど、梯子がグラグラしてるのはかなり心配になりますね。おまけにオーウェンは明らかに疲れ切っているのが分かります。

「コメディでかなり危険な映画もあったから・・・」

f:id:Jane-Knowing:20210728234415j:plain

Photo by 20th Century Fox, moviestills

 インタビュアーから、「いつもコメディを演じているから、アクションものは大変だったでしょう?」と尋ねられたオーウェンは、「それはどうかな。コメディでも相当危ないシーンをやったこともあるから」と、答えています。コメディで危険な作品というのは『シャンハイ・ヌーン』『トラブル・マリッジ』のことを指しているのでしょう。

 しかし、監督のエリック・ドゥードルはこう言っています。「撮影を始めて3週間経った頃には、オーウェンは全身に傷を負い、疲れ切ってフラフラしていた」

 自分では何でもないフリをしているけど、やっぱりオーウェンは無理をして、疲れ切ってしまったんですね。

 

つづく➡️
owenwilson.hatenablog.com

 

映画の一覧に戻る

🔹『クーデター』を視聴する🔹

 最近はやりのVOD(ビデオオンデマンド)で扱っているのは1社のみ。無料お試し期間があり、期間内に解約すれば、料金は一切かかりません

U-NEXT

 数あるVODの中では最も有名かもしれません。初回登録後、31日間はどの作品も見放題です。

映画観るなら<U-NEXT>

DVD・ブルーレイ

 動画配信サービスは手軽で便利だけど、しっかりと映画を鑑賞するなら、やはりDVDやブルーレイがおすすめ。配信サービスでは見られない特典(未公開シーンやメイキング映像)が盛りだくさんですし、視聴期限がなく自由度が高いのもメリットです。

 ただ、この『クーデター』、だんだん希少価値になってきているようで、手に入りにくくなっていますね。

 また、DVDはちょっと注意が必要かもしれません。ブルーレイと比べると、本編映像の何ショットかカットされている気がしました

 さらに、この映画の場合、特典はブルーレイにしか収録されていないので、できればブルーレイをおすすめします。