オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

『ナイト・ミュージアム』のカウボーイや『アルマゲドン』のオスカー、『カーズ』の主役の声を担当するなど、有名作品に数多く出演している、ハリウッドの人気俳優オーウェン・ウィルソン。そんな彼の真の姿について伝えるブログです。

オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

ピアース・ブロスナンらが語るオーウェンの印象 ― 映画『クーデター』の魅力③

『クーデター』はストーリーが分かりやすく、文句なしにオーウェンの資質を発揮できている作品なので、3回目の今日が最終回になりそう。あれこれとイメージの訂正をする必要もありませんし・・・。映画をそのまま素直に鑑賞すれば、オーウェンの資質を

🔹映画『クーデター』のあらすじと予告編🔹

f:id:Jane-Knowing:20210724164648j:image

Photo by Bold Films, imdb

 出張のため、アジア某国に家族とともに引っ越してきたジャックオーウェン・ウィルソン)が暴動に巻き込まれるストーリー。

 話は単純なのですが、そこに描かれている愛情と人間模様が観る人を感動させます。

ストーリー・キャスト

eiga-watch.com

予告編

これまでの記事

🔹『クーデター』に関するオーウェンの意見🔹

 ジャック役のオファーをとても喜んでいたオーウェン

 体中傷だらけになり、レイク・ベルの演技指導もしないといけないなど、いろいろありながらも、彼がこの映画を心から気に入っているのは間違いありません。

どのジャンルであれ、演じる姿勢は同じ!

Embed from Getty Images

 シリアスなジャックを演じるにあたって、コメディの時とは違う姿勢で臨んだのか、と問われて、オーウェンはきっぱりと否定しています。

「ジャンルが何であれ、脚本を読み、最善を尽くして演じるという行為は何も変わらないよ。もちろん、この作品のいくつかのシーンは確かにかなりキツかったし、必死で頑張らないといけなかった。

 そんな時の助けになったのが、娘たちを演じたあの小さな女の子たちなんだ。とても大変なシーンでも、あの子たちの顔を見ていたら、とにかく保護本能をかき立てられる。何としても家族を、特に小さな子どもを守らなくては、と思うと自然と演技が出てくるんだ。」

 確かに、彼の言うとおり、ジャンルに関わらず、姿勢は同じですよね。

 ちなみに女の子たちといえば、オーウェンは演技の中だけでなく、撮影中も彼女たちが怪我しないように、よく気を配っていたようですよ。

ジャックの役作りは楽だった

 最初の記事(👉オーウェンの真の姿が味わえる! 映画『クーデター』の魅力①)に書いたように、ジャックの役作りそのものはオーウェンにとって非常に楽なものでした。

f:id:Jane-Knowing:20210801172632j:image

Photo by Bold Films, cinedor

「演じる時は、どんな役でも自分の感性が現れてくるものだけど、ジャックの言動はどれも僕が現実でもしそうなことばかりだったんだ。だから、どのシーンでも疑問を持つことはなかったよ」

お気に入りのシーンは、家族と過ごすシーン

f:id:Jane-Knowing:20210801222052j:plain

Photo by Bold Films, imdb

 最も好きなシーンを尋ねられたオーウェンは、「家族で過ごすシーン」と答えています。

「ホテルの部屋で過ごしたり、荷解きを手伝ったり、プールに行きたがる子どもをたしなめたり・・・。本物の家族みたいだったよ」

 いかにも家庭的なオーウェンらしい答えですね。パニックスリラーに出演して、お気に入りは家族団欒シーンなのです!

家族を疑似体験した?!

 とはいえ、家庭を持った経験のないオーウェンにとって、赤の他人を相手に家族を演じるのはなかなか難しかったよう。

 オーウェンは小さい頃に心から慕っていた本当の母親を亡くし、継母の虐待に耐える悲惨な少年時代を送っています(👉兄弟と遊ぶことも許されなかった!)。

Embed from Getty Images

 大人になってからも、自分の家庭を持ちたいと願いながら、あまりに理想が高すぎるがゆえになかなか叶わずひたすら他人のためにばかり尽くす寂しい生活

「映画で難しいのは、出会って間もない人と家族や親友を演じることなんだ。相手のことをほとんど知らないのに、どうやって親しそうな雰囲気を作れると思う? 今度の監督は、家族のキャストを早めに集めて、一緒に過ごさせてくれた。みんなで遊びに出かけたり、タイの公園に象を見に行ったりもして、親近感を得たんだよ。」

 この発言を聞いて、何となくかわいそうになるのは私だけかしら・・・?

インタビュアーさん、オーウェンをからかっちゃダメですよ!

f:id:Jane-Knowing:20210801224658j:plain

Photo by Bold Films, imdb

 レイク・ベルのことが話に登った時、インタビュアーは「彼女のご主人、あなたに嫉妬しませんでした?」

 オーウェンは笑って、「いや。妬くわけないだろう? 彼は、面白い映画だねって言っただけだよ」と答えていましたが、インタビュアーも気が利かないですね。彼はいちいちこんなふうに聞かれるのは嫌がるのに・・・。

 オーウェンはとても真面目なんですよ! こんな質問をするなんて、プレイボーイ扱いしているようで失礼です。

🔹共演者から見たオーウェンの印象🔹

 これまでも何度か、ピアース・ブロスナンやレイク・ベルが語ったコメントを引用しましたが、ここでは改めて彼らがオーウェンについて述べた言葉を紹介していきたいと思います。

とても素敵で優しいお父さん ― クレア・ギア(ビーズ役)

f:id:Jane-Knowing:20210801175719j:plain

Photo by  Famousfix

「あたし、ほとんどウィルソンさんの娘になった気分でした。ウィルソンさんはとってもいい人だし、一緒に仕事がしやすいし・・・。そりゃあそうですよね、あの方は名俳優さんですもの。ほんとに、とっても素敵で、面白いお父さんです

 余談ですが、このインタビュー時のクレアちゃんは見物。大人のマネなのか、いかにも大女優然とした態度で答えているんですが、頭にはビーズ役の時のままパンダの被り物! 可愛くて笑えます。

観客を引き込むだけの才能を持っている ― ピアース・ブロスナンハモンド役)

f:id:Jane-Knowing:20210801230317j:plain

Photo by indian express

私はオーウェンの大ファンでね、彼の映画はたくさん観ている。」大物俳優は茶目っ気たっぷり、かつ熱心に言っています。

オーウェンはどんな役だってできるんだ。あの声のニュアンスと人格で、観客をスクリーンにぐっと引き込めるだけの才能を持ってるからね。」

 ピアースは、オーウェンとさほど遠くない場所に住んでいながら、この『クーデター』で共演するまで会ったことがなかったそう。

ハモンド役のオファーが来た時、やる気になった大きな理由の1つはオーウェンの存在さと、ピアースは楽しそうに語っていました。

周りによく気を配る人 ― レイク・ベル(アニー役)

f:id:Jane-Knowing:20210802110041j:image

Photo by Gala

オーウェンは本当に愛すべき人で、いつも周りに気を配っているの。共演者から撮影スタッフに至るまで、どんな人に対してもそう。とても親切で、心が広いわ。」

 彼女のコメントも、オーウェンの性質を的確に表していますね。

『マーリー』の時も出演する犬の面倒を見る羽目に陥りましたが、オーウェンはいつも周囲に気を遣いすぎるほど。この『クーデター』では、レイク・ベルの指導をし、子どもたちの安全を心配し、神経をすり減らしていました。

 オーウェンはもう少し気を楽に持たないと、自分が辛いと思うんですが・・・。

🔹『クーデター』のロケ地はどこ?🔹

 ストーリーの上では、観客のひんしゅくを買わないように、アジア某国とだけなっている舞台。最後に川を渡ってベトナムに入るので、「カンボジアだ!」とおっしゃる人もいますが、それは間違いです。

アジア差別と非難するのは不当!舞台はこの世に存在しない国

f:id:Jane-Knowing:20210802111550j:plain

Photo by Bold Films, letterboxed

『クーデター』が起きるのは、まったく架空の国。ベトナムと国境を接してはいても、カンボジアではありません

 製作者たちは、アジア人が気分を害さないよう、細心の注意を払って映画を作りました。街に出てくる看板や標識は、デザイナーたちが苦心して作り上げた、まったくこの世に存在しないアジア文字で書かれています。

 時々、この映画を観て、「アジアに対する偏見と差別だ!」と騒ぐ人がいますが、それは不当だと思います。製作者たちは最大限にアジア民族に配慮して、映画を撮っているのですから。

 何ですか? 何もこんな大量虐殺の犯人をアジア人にすることそのものが気に入らない?

 それに関しては、ジャック役のオーウェンから答えてもらいましょう。

「もし、舞台にアトランタとかバンクーバーみたいに、しょっちゅう映画に使われるような土地が選ばれていたら、見知らぬ国に迷い込んだ不安な外国人旅行者の雰囲気はとても出せなかったと思うよ

 タイの人々はとても親切だし、もてなし上手の温かい国だけど、僕たち西洋人にとっては、やっぱり何もかもが珍しい。物語の上で、この感覚はどうしても必要だったんだ

撮影はタイの全面的協力のもとに進められた

 さて、肝心のロケ地は、さっきオーウェンのインタビューに出てきたとおり、タイ。撮影にあたって、タイは全面的な協力を惜しみませんでした。惜しまないどころか、タイは「ハリウッド映画のロケ地に、我が国が選ばれるとは最高の名誉!」と考えていました。

 映画の中盤、ジャックがそっと大使館に行き、めちゃくちゃに荒らされているのを見つけるシーンがありますが、あの建物はタイにある本物のアメリカ大使館。もちろん、文字などは書き換えてありますが・・・。

 主人公たちが逃げ回る街も、本物の街角や通りを使っていていかにタイが大掛かりなサポートをしたか分かりますね

タイで本当にクーデターが起きてしまう・・・

 映画『クーデター』を作り上げるため、多大な支援をしたタイですが、実は撮影中からこの国ではクーデターが起きかけていました。

 実際、撮影終了後まもなくタイは厳重警戒に入り、入国や出国が難しい状態になってしまいます

「タイミングがあとちょっと遅かったら、僕らは国を出られなくなるところだったよ」と、監督のドゥードル兄弟は話していましたが、本当にそうなったら大変なことになりましたね!

f:id:Jane-Knowing:20210802132436j:plain

Photo by  Variety

映画の一覧に戻る

🔹『クーデター』を視聴する🔹

 最近はやりのVOD(ビデオオンデマンド)で扱っているのは1社のみ。無料お試し期間があり、期間内に解約すれば、料金は一切かかりません

U-NEXT

 数あるVODの中では最も有名かもしれません。初回登録後、31日間はどの作品も見放題です。

映画観るなら<U-NEXT>

DVD・ブルーレイ

 動画配信サービスは手軽で便利だけど、しっかりと映画を鑑賞するなら、やはりDVDやブルーレイがおすすめ。配信サービスでは見られない特典(未公開シーンやメイキング映像)が盛りだくさんですし、視聴期限がなく自由度が高いのもメリットです。

 ただ、この『クーデター』、だんだん希少価値になってきているようで、手に入りにくくなっていますね。

 また、DVDはちょっと注意が必要かもしれません。ブルーレイと比べると、本編映像の何ショットかカットされている気がしました

 さらに、この映画の場合、特典はブルーレイにしか収録されていないので、できればブルーレイをおすすめします。