オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

『ナイト・ミュージアム』のカウボーイや『アルマゲドン』のオスカー、『カーズ』の主役の声を担当するなど、有名作品に数多く出演している、ハリウッドの人気俳優オーウェン・ウィルソン。そんな彼の真の姿について伝えるブログです。

オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

MENU

あの生き埋めシーンは本物だった!『シャンハイ・ヌーン』の撮影秘話①

 ディープフェイクやデマの話が多かったので、今日はきちんとした映画をテーマにしましょう。

 
f:id:Jane-Knowing:20210419111506j:image
Photo by tvguide
シャンハイ・ヌーン。今から21年前の映画です。⬆️これはたぶん、公開時のポスターでしょう。左はジャッキー・チェン、右が言わずもがなのオーウェン。まだ初々しい・・・。撮影当時は30歳ですが、それよりさらに若く見えますね。

 

ストーリー

 予告編

 

非人間的な状況に耐えたのはジャッキーではなく、オーウェン

f:id:Jane-Knowing:20210504094949j:image
Photo by Touchstone Pictures, port
チョン・ウェンに扮するジャッキー

 

 本作では、名アクション俳優であるジャッキーが、華やかな技を次々と見せては観客を魅了します。一方のオーウェン冴えない盗賊の首領のロイですから、ずいぶん損な役回り。オーウェンは、いつも似合わない役ばかりさせられる運命のようです
 
f:id:Jane-Knowing:20210419110411j:image
Photo by Touchstone Pictures, extratv
ロイ・オバノンに扮するオーウェン
 
⬆️泥棒にしては、かなりカッコよく見えてしまいますね。盗賊とは言ってもロイ決して悪人ではなく、どこか育ちの良さを感じさせるところもありますが、この雰囲気はオーウェンが演じたゆえかもしれません。他の映画でもそうなのですが、オーウェンはどんな役を演じても、彼本来の個性で観客を魅了してしまうことが多いですね
 
 さて、オーウェンの役回りが悪いのはいつものことですが、シャンハイ・ヌーンの時はそれだけでは済まされず、主役のジャッキーよりも過酷な撮影を強いられました
 
 オーウェンの出演作の中でも、過酷さでは1,2を争う映画です。

1.地面に埋められる

f:id:Jane-Knowing:20210615111828j:plain

Photo by Touchstone Pictures,
 特にひどいのがこの場面です
 
「首が切れてるの???」
 
いえいえ、これはロイが仲間だった盗賊から砂漠に埋められてしまったシーン。この時オーウェンは何と、
 
本当に砂漠に埋められています!!!
 
 信じられますか? しかも、それだけではありません。監督はオーウェンの髪にハンバーグの欠片や骨を隠し込み、本物のハゲタカに突かせさえしたのです。⬆️の写真を見れば、突かれているのが分かりますよね? 手が使えないのに、万一目を攻撃されでもしたら、どう責任を取るつもりだったんでしょうか?
 
 オーウェンはこの撮影を振り返って、こう語っています。「炎天下でどうしようもなく暑かったし、蚊が多くて、大群が目の前で渦巻くのが、はっきり見えたくらい。ハゲタカに突かれるのもちょっと怖かった。でも、ジャッキーとのやりとりは楽しかったよ。」
 
  状況から言えば、これでも控えめすぎるコメントです。実際に映画を見てください。このシーンの間、オーウェンの顔は暑さに真っ赤になり、頬に流れた汗も乾いて、辛そうに息をしながら、話すたびに口から砂が流れ出ています・・・。かわいそうで、観ていられません。しかも! このシーンはたった数分なのに、撮影には何時間もかかったのです もちろん、その間オーウェンはずっと埋められたまま

「テイクの間は蚊よけの網をオーウェンに被せておいたがね」などと監督はうそぶきますが、

そんな問題じゃないでしょう!!!

 本当にもう、俳優の身にもなってくださいよね、トム・デイ監督! まったく気が知れません。これはもう虐待!

2.酒場のカウンターから落下

f:id:Jane-Knowing:20210419111816j:image

Photo by Touchstone Pictures, kpbs

 次の過酷な撮影は、酒場の乱闘シーン。チョンがたまたま立ち寄ったバーで、砂漠を脱出したロイにばったり出会って喧嘩になる場面です。ジャッキーが手慣れたカンフー・アクションで観客の目を奪うのですが、ここでも実際にひどい目にあったのはオーウェン
 騒ぎのなか、ロイグラスやワインボトルの並んだカウンターを超特急で引きずられ、頭から破片もろとも床に落下するのですが、これが呆れたことにスタントなし!
 
「腕にロープをつけられて、ものすごい速さで引きずられるから恐怖だった」と、オーウェンはコメントしていますが、監督の常識を疑いますね。
 
監督︰「破片はもちろんガラスじゃない。プラスチックだよ。」

 

 何でしょうか、この言い草は?! じゃ、プラスチックだったら怪我はしないとでも言うんですか? 破片が目に刺さったら、失明するかもしれないんですよ? カウンターから落下するだけでも危ないのに、破片などもってのほかです!!!
 
 オーウェンは本当に我慢強い俳優です。普通、こんな扱いを受けたら、文句を言ったりギャラの跳ね上げを要求したりしそうなものなのに・・・。
 
 あら、まだ2つしか書いていないのに、もうこんなに長くなりました。続きは次回の記事に回しますね。
 
つづく➡️

owenwilson.hatenablog.com

 

⬇️シャンハイ・ヌーン』を観る⬇️

  最近人気のビデオ・オン・デマンドでは、現在(2021年6月時点)2社で視聴可能です。

music.jp

music.jp  

 私が初めて登録したVOD。こちらは30日間の無料期間があり、登録後1,600円分のポイントが付与されます。シャンハイ・ヌーンは299ポイントで視聴可能。しかも、画質はフルHD!

TSUTAYA

 やはりここも新規登録後30日間は無料ですが、dtvと同じく「見放題作品」と「レンタル作品」に分かれています。シャンハイ・ヌーンは440Pが必要。最初に1,100Pが付与されるので充分に足りますが、画質は「標準」なので、個人的にはmusic.jpのほうがおすすめ。

 ただ、TSUTAYAには1つ大きなメリットがあります。それは、動画配信と宅配レンタルサービスを同時に無料お試しできること! シャンハイ・ヌーンも期間中は無料でレンタルできますよ。

DVD

 動画配信サービスは手軽で便利だけど、しっかりと映画を鑑賞するなら、やはりDVDやブルーレイがおすすめ。配信サービスでは見られない特典(未公開シーンやメイキング映像)が盛りだくさんですし、視聴期限がなく自由度が高いのもメリットです。

 残念ながらシャンハイ・ヌーンは既に廃盤になっていますが、中古ならまだ手に入ります。