オーウェン・ウィルソン|知られざる性格をすべて公開!

『ナイト・ミュージアム』のカウボーイや『アルマゲドン』のオスカー、『カーズ』の主役の声を担当するなど、有名作品に数多く出演している、ハリウッドの人気俳優オーウェン・ウィルソン。そんな彼の真の姿について伝えるブログです。

オーウェンの知られざる映画《Are you here》|1.あらすじと登場人物(キャスト)

f:id:Jane-Knowing:20220104005850j:plain


 2022年、最初にご紹介する映画は《Are you here》! 2013年公開の作品で、『Xメン』などの脚本で知られるマシュー・ワイナーが監督を務めました。

 

 といっても、ピンとこないでしょう。かなりオーウェンの映画を知っていても、この作品は知らない方がほとんど。それも無理はありません。

《Are you here》は日本では公開すらされず、ディスク販売もなし「唯一アマゾンプライムがストリーミング配信を行っているのみ」という状況です!


アー・ユー・ヒア (字幕版)

 これでは知らない人のほうが多くて当然です。日本語で「アー・ユ・ーヒア」と検索しても、あらすじすら見つかりません

 ということで、今日はまずストーリーをご紹介しましょう。

 

 

🌿あらすじ🌿

 この映画は日本語で読めるあらすじがどこにもないので、例外的に私が書いていきます。

 結末を含むので、苦手な方はご注意ください

起:人生に疲れたスティーブと精神病のベン

 お天気キャスターのスティーブ(オーウェン・ウィルソン)は虚しい人生に疲れきって、ドラッグと売春婦に溺れる日々

f:id:Jane-Knowing:20220103224831j:image

Photo by ©Gilbert Films, dvdizzy

 スティーブは親友のベン(ザック・ガリフィアナキス)が精神不安定であることにも悩まされていました。

f:id:Jane-Knowing:20220103224918j:image

Photo by ©Gilbert Films, dvdizzy

 ベンは躁うつ病な上に地に足がつかない性格。働きもせず、誇大妄想の中に遊んで暮らしています。生活費を稼ごうとしないので、ベンはほとんどスティーブに養われている状態

f:id:Jane-Knowing:20220103220811j:image

Photo by ©Gilbert Films, yahoomovie

 スティーブが職場で上司から遅刻を咎められているところに、ベンが飛び込んできて「俺の父親が亡くなった!」と騒ぎ立てます。ベンの父親は資産家でしたが、ベンとはいざこざがあり、疎遠になっていたのでした。しかし、父の死はベンにとってもショック。

 スティーブは仕事を休み、ベンを葬式に連れて行ってやります。

f:id:Jane-Knowing:20220103174912j:image

Photo by ©Gilbert Films, LAtimes

 ベンの父ベーカー氏は大農場に住んでいた大富豪。葬儀にはベンの姉テリー(エミー・ポーラー)とその夫レッド(ジョエル・グレッチ)、そして亡くなったベンの父の後妻アンジェラ(ローラ・ラムジー)が参列していました。

f:id:Jane-Knowing:20220103193240j:image

Photo by ©Gilbert Films, fanpop

 アンジェラは故人の妻とはいえ、孫ほどにも歳が離れた若い女性。テリーはアンジェラを嫌い、ことあるごとにイヤミを言います。

f:id:Jane-Knowing:20220103225131j:image

Photo by ©Gilbert Films, dvdizzy

 テリーはベンのことは温かく迎えますが、スティーブには冷たく、「弟がこんなにだらしなくなってしまったのは、あなたが悪いのよ!」と不当に責め立てる始末。

 一方スティーブは、物静かでいじらしいアンジェラに魅力を感じ始めます

f:id:Jane-Knowing:20220103225201j:image

Photo by ©Gilbert Films,dvdizzy

承:葬儀と遺産問題

 遺言書発表の日。「愛情と財産分与を混同してはならない。アンジェラには共に眺めた幾多の星々を思い出に残そう。テリーとレッドの夫婦には定められた現金を。残りの動産と広大な農場・店を含む不動産はベンに残す」と書かれていました。大部分の財産を期待していたテリーはショックを受け、逆にベンは仰天して呆然としてしまいます。

f:id:Jane-Knowing:20220103233120j:image

Photo by ©Gilbert Films, nydaily

 テリーとアンジェラの諍い遺産をめぐる問題で気まずくなったベンとテリー、一族の不和は広がっていきます。スティーブはベンに対する心配とアンジェラへのほのかな憧れを後に残し、ひとりで家に帰っていきました。

f:id:Jane-Knowing:20220103232908j:image

Photo by ©Gilbert Films, fzmovies

 数日後、売春婦とワインを飲んでいたスティーブに電話がかかってきました。電話の主はアンジェラで、「テリーが遺産分与に不満で、ベンを相手に訴訟を起こした」と伝えます。スティーブは驚きますが、話すうちにますますアンジェラに惹かれていくのを感じました。

f:id:Jane-Knowing:20220103232933j:image

Photo by ©Gilbert Films, fzmovies

 テリーは、ベンが遺産管理できるかどうかの判断のために、精神科医の検査を受けさせました。

転:裁判の逆転勝利、スティーブのアンジェラへの恋愛感情

 裁判の日。ベンを検査した医者は「ベンは重度の躁うつ病で、かなり危険な精神状態」と証言。しかし、裁判官は「故人の遺志は変えられない」と、ベンに勝利を言い渡しました

f:id:Jane-Knowing:20220103173817j:image

Photo by ©Gilbert Films, CBS

 喜んだベンはハイになって酒場で大盤振る舞い。しかし酔っぱらいから侮辱され、相手を殴り倒してしまいます。

 一方、スティーブはアンジェラに会いに行き、恋心を打ち明けてキスをします

f:id:Jane-Knowing:20220103232033j:image

Photo by ©Gilbert Films, fzmovies

「僕はケチじゃないし、人生を楽しんでいる男だよ」と言うスティーブ。しかし、アンジェラは「でも、あなたは楽しんでいないわ。もし今の生活が最高と思うなら、なぜあなたは逃げようとしているの?」と指摘。スティーブは初めて自分の心の闇を自覚しました

 酒場で暴行を起こしたベンは再び医者の診察を受け、ついに躁うつ病の治療に取り組み始めます

f:id:Jane-Knowing:20220103232344j:image

Photo by ©Gilbert Films, fzmovies

 スティーブはますますアンジェラに熱を上げ、彼女の言うことなら何でも従うありさま。アンジェラが「夕食用のニワトリをつぶしてきて」と斧を渡すと、恐怖に慄きながらも何とかニワトリを殺して持っていきます。アンジェラ、スティーブ、ベンの3人は仲睦まじく夕食を囲みました。

f:id:Jane-Knowing:20220103174614j:image

Photo by ©Gilbert Films, NYtimes

 しかし、夕食後ベンは突然スティーブに、「これまでは一緒に人生を歩んできたが、これからは別々に生きよう」と言い出します。2人は喧嘩になり、スティーブはアンジェラに未練を残したまま農場を後にしました。

 お天気キャスターの仕事に戻ったスティーブはアンジェラにふさわしい男になろうと決心し、悪癖をすべてやめて上司にも驚かれます

 一方、ベンは精神の治療に励みながら過去の生き方を思い返し、「バカだった」と落ち込んでいました。

f:id:Jane-Knowing:20220103172931j:image

Photo by ©Gilbert Films, fanpop

 アンジェラは彼を慰め、雰囲気に流されて2人は情をかわします

結:恋と友情、3人の感情のもつれ

 アンジェラと一夜を過ごした翌朝、ベンは思い立ってヒッピー風にたくわえていた髭を剃りました。そして、気持ちも新たに財産整理に取りかかり、店を姉のテリーに渡すことで和解します。家と農場はスティーブに譲ることにして、ベンは電話で詫びを入れてスティーブを呼びます。

f:id:Jane-Knowing:20220103233330j:image

Photo by ©Gilbert Films, imdb

 ベンに追い出されたことを怒っていたスティーブですが、携帯電話に何度も留守電が入っているのを聞いて心を和らげ、再び農場へ向かいました。

 道すがら、テリーに会ったスティーブはまた口論になりますが、その時テリーが「弟はちゃんとやっていくわよ。アンジェラと一緒にね。あの2人、くっついたのよ」と言うのを聞いて激しく動揺

f:id:Jane-Knowing:20220103233817j:image

Photo by ©Gilbert Films, fzmovies

 ベンは明るくスティーブを迎えますが、スティーブは逆上して、「いつアンジェラとできたんだ?!」と詰めよるばかり。アンジェラを「マグダラのマリア」と罵倒し、「2人とも最悪だ! 僕の気持ちをわかっていたくせに!」と怒鳴ります。

f:id:Jane-Knowing:20220103231334j:image

Photo by ©Gilbert Films, fzmovies

 アンジェラは「私はあなたと何の約束もしてないわ。あなただって不動産目当てでわたしを口説いたんでしょう!」と言い返し、スティーブは深く傷つきました。一方、事情を知らなかったベンはびっくりし、どう言っていいか分からないままスティーブに不動産譲渡の書類を渡すしかありませんでした。

 スティーブは傷心のあまり一晩中車の上で酒を飲んで過ごし、自暴自棄になってまた悪癖が戻りだします

f:id:Jane-Knowing:20220103231443j:image

Photo by ©Gilbert Films, fzmovies

 ベンは引っ越し、同じマンションに住むシングルマザーと親しくなっていきました。

 数日後、スティーブはベンの新しい家を訪ね、「いつアンジェラを愛するようになったのか」と、心に巣食う疑問をぶつけます。しかし、ベンは「愛してなどいない。ただ成り行きだ」と答えました。子どもの頃から親友だったにも関わらず、彼らはもはや互いを理解できません。どうしょうもない絶望に襲われて泣きじゃくるスティーブ。

f:id:Jane-Knowing:20220103234123j:image

Photo by ©Gilbert Films, fzmovies

 スティーブはその足で、農場を去ろうとしているアンジェラに会いに行きます。アンジェラは荷物を詰め終わっていて、「明日には出ていくから」と言いますが、スティーブはゆっくりと「きみは農場に詳しいの?」と尋ねます。「あなたよりはね」と答えるアンジェラ。

f:id:Jane-Knowing:20220103205349j:image

Photo by ©Gilbert Films, bioguiden

 雨が降り出し、スティーブは黙ってアンジェラを抱き寄せてキスをします

 同じ頃、ベンはスーパーマーケットで買い物をしていて、隣人のシングルマザーとばったり顔を合わせました

f:id:Jane-Knowing:20220103173330j:image

Photo by ©Gilbert Films,insider

 男の子を交えて、親しい挨拶を交わす2人。男の子が馬のおもちゃで遊びはじめ、馬がゆっくりと動く様子がアップになったところで映画は終わります。

 

Amazonプライムを無料体験する

 

🌿ひとこと感想🌿

 かなり曖昧なラストです。ラストだけでなく、この映画は全体が抽象的に表現されていて、一筋縄では行きません。「観ているとハッとする仕掛けが忍ばせてある」作品ですね。

オーウェンファンなら観るべき1作!

 ほとんど知られていないために、かなりコアな映画ファンでも見落としがちな作品。

 でも、オーウェンが好きな映画ファンなら、ぜひオススメします! オーウェンの優しさや哀しさが活きた名作です。

 

 

《Are you here》の一覧に戻る