オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

『ナイト・ミュージアム』のカウボーイや『アルマゲドン』のオスカー、『カーズ』の主役の声を担当するなど、有名作品に数多く出演している、ハリウッドの人気俳優オーウェン・ウィルソン。そんな彼の真の姿について伝えるブログです。

オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

MENU

字幕に出ない手紙の内容は? ‐ 映画『ライフ・アクアティック』解説④

ライフ・アクアティック第4弾です。いつもだいたい4回くらいまで行くものが多いですね。

 読んでくださっている皆さん、いつも長い文章にお付き合いいただいて、ありがとうございます

映画の事前知識

 ストーリーやキャストを知っているという前提で話を進めますので、ご存知ない方はぜひ過去記事とストーリーを先にご覧くださいね。

ストーリー

mihocinema.com

予告編

これまでの記事

1️⃣

owenwilson.hatenablog.com

2️⃣

owenwilson.hatenablog.com

3️⃣

owenwilson.hatenablog.com

 

 それでは、最終回の今日は製作のことをもう少し掘り下げていくつかお話ししましょう。

ジェーンからの手紙には何と書いてある?

f:id:Jane-Knowing:20210520162328j:image

Photo by Touchstone Pictures,

anadventure

 ネッドオーウェン・ウィルソン)がヘリコプターで探索に出かける直前、ジェーンケイト・ブランシェット)から受け取る手紙。この内容はいちおうアップにはなるのですが、英語な上に手書きですから、読みきれないまま次のシーンに移ってしまいますよね?(英語に堪能の方はもちろん違うと思いますが・・・。)アップの時間はそう長くない割に、文章はまあまあありますから、当然字幕もありません。

 アンダーソン監督は「ちょうど読んでしまえるタイミングだ」と、音声解説で述べていますが、これはあくまでもネイティブの話ですからね・・・。

 しかし、画像でじっと観察すると、多少の意味は分かりましたので、意訳を載せておこうと思います。

 

ネッドへ。今更と思うかもしれないけど、貝殻のネックレスのお礼を言わせてね。あれは私にとって何より大事な宝物、とても愛おしく思っています。でも、貝殻から漂うペパーミントの香りを吸い込んだ時、感じたことがあるの。ネッド・プリンプトン、あなたはいったい誰なの? 私はこの疑問が頭から離れません。あなたのことをもっと知りたいの。私があなたの素性を明らかにしてもあなたは怒らないでくださるかしら。愛を込めて、ジェーン。》

 

 英語が得意な方がご覧になったら、ひっくり返りそうな誤訳もあるかもしれませんが、大まかな意味は合っていると思います。

 貝殻のネックレスというのは、二人が知り合った最初の頃、ネッドが海辺で見つけた貝殻に糸を通してジェーンに贈ったもの。

 この手紙を受け取ったネッドが、ティービル・マーレイ)から「何て書いてあるんだ?」と聞かれて、「別に何にも」と答えるのは、素性の事が書いてあるからでしょう。

 結局、これがジェーンからの最初で最後の手紙になります。ヘリコプターに乗り込む時にネッドジェーンに向かって手を振るのが永遠の別れ。ジェーンは葬儀の時、涙ぐみながら残りのレターセットを棺にそっと差し入れるのです。

なぜネッドは死ぬのか?

f:id:Jane-Knowing:20210520162733j:image

Photo by Touchstone Pictures, medium

 この映画を先入観なしに初見した時、最もショックを受けるのがネッドがあっけなく死んでしまうシーンではないでしょうか? アンダーソンの最初の映画『アンソニーのハッピーモーテル』の製作を手伝ったジェームズ・L・ブルックス(『幸せの始まりは』の監督)も、ネッドの死に衝撃を受けていたそう。

 でも、ちょっと面白いのは、ストーリーを書いた張本人であるアンダーソン監督その人も「愛着のある登場人物を死なせてしまうのは辛かったよ」と、惜しんでいること。しかも、監督の言い方はまるで、ネッドの死は自分が手出しできる類の出来事ではないといった雰囲気なのです。そういえば、監督はネッドティーの子なのかどうかという問題に関しても「分からない」と言っています。 

 ちょっと調べたところ、ティーのモデルになったのは、ジャック=イヴ・クストーという実在の探検家のようですが(赤い帽子がトレードマーク)、それでもネッドに当たる人物が実在するようには見えません。前回書いたようにネッドの人物背景にはオーウェン自身の生い立ちも織り込まれていますし、アンダーソンがオーウェンに儚いイメージを持っていただけかもしれません

 ごめんなさい。この項目は憶測だらけで価値のないものになってしまいましたね。

ピストルが海に落ちるハプニング、ヘリコプターの墜落

 映画撮影にハプニングは付き物。ライフ・アクアティックもご多分に漏れず、アクシデントが2回起きたそうです。

f:id:Jane-Knowing:20210520163033j:image

Photo by Touchstone Pictures, 

spectrumculture

 1つ目はビル・マーレイがうっかり海にピストルを落としてしまったこと。映画のロケ地はイタリアのローマだったのですが、海に銃器類を捨てることは法律で禁止されており、かなり大騒ぎになってしまいました。「警察も乗り込んできて、誰か逮捕者が出るかと心配したくらいだったよ」と、アンダーソンは回想していますが、結局ピストルは無事に見つかって、事なきを得たようです

 本編中、ティーが海賊に発砲した後、弾の切れたピストルを海中に投げ捨てるシーンがありますが、あれはいったんピストルを服に隠しこみ、早業で別の物体を投げ込むというトリックが使われています。

f:id:Jane-Knowing:20210520163438j:image

Photo by Touchstone Pictures, listal

 2つ目のアクシデントはちょっとショッキング。何と、

ヘリコプターが本当に墜落したこと!!!

 これはですね。ネッドティーがヘリコプターに乗るシーンは2回ありますが、実はこの映画に使われたヘリは安全保障外のものなんです。

 すでに実用としては使えなくなったヘリを映画のために借りることができたらしいのですが、もちろん安全性は自己責任。「機体にも、〈安全性は保証できない〉と書かれたラベルが貼ってあるよ。映画でも機体がアップになった時映るけど」と、アンダーソンは語っていますが、そんな機体を使うなんて心配じゃないのかしら・・・。

ビル・マーレイオーウェン・ウィルソンは微妙な関係?

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

 映画の中で、なかなか距離を縮めることのできない親子を演じているビルとオーウェン。ちょっと面白いのは、二人は現実でもあまりソリが合わない雰囲気であること。

 

 メイキングのインタビューを観ると、ビルはオーウェンを「考えが読めない男だね」と評し、一方オーウェンはビルが水着姿を自慢するのをあまり良く思っていないという具合。

 いちばん苦笑せざる得ないのは、スティーブという役柄に関するコメントの時。

 ビルは自分が演じるティーの性格を「まったく問題だらけの男さ」と言っているのですが、あろうことかオーウェンは無邪気にも、

ティーとビルって、境界線が曖昧になるんだ」。

 これは、何と言っていいか・・・。ビルが聞いたら絶句するのでは?

 ビル・マーレイオーウェンも、アンダーソン作品の常連ですが、ちょっと関係が微妙に思えるインタビューでしたね。

 

⬇️ライフ・アクアティック』を観る⬇️

f:id:Jane-Knowing:20210628234400j:plain

Photo by Touchstone Pictures, cinapse

 最近はやりのVOD(ビデオオンデマンド)では4社が扱っています。いずれも無料お試し期間があり、期間内に解約すれば、料金は一切かかりません

U-NEXT

 数あるVODの中では最も有名かもしれません。初回登録後、31日間はどの作品も見放題です。

U-NEXTでライフ・アクアティックを観る 初回登録31日間は無料!

dTV

 こちらも初回登録時は、31日間無料で利用できます。U-NEXTと違って、見放題作品レンタル作品が混在している点に注意が必要。ただ、レンタルはdポイントでの支払いが可能ですから、コンビニなどでたくさん貯まっている方なら、問題はないでしょう。

ライフ・アクアティックは見放題作品なので、ご安心を。

music.jp

music.jp  

 私が初めて登録したVOD。こちらは無料期間が30日間。これまでの2社より1日少ないので注意してください。登録後1,600円分のポイントが付与されます。ライフ・アクアティック299ポイントで視聴可能

 music.jpの魅力は、毎月お得なクーポンが付与され、お試し期間解約後も無料会員としてレンタルできる点。何と、100%offクーポン(!)もあります。決まった作品にしか使えませんが、かなりの人気作品も対象になるので、毎月チェックしておくことをお勧めします

TSUTAYA

 やはりここも新規登録後30日間は無料ですが、dtvと同じく「見放題作品」「レンタル作品」に分かれています。ライフ・アクアティックは440Pが必要。最初に1,100Pが付与されるので充分に足りますね。

 TSUTAYAにはよそにはない大きなメリットが1つあります。それは、動画配信と宅配レンタルサービスを同時に無料お試しできること! ライフ・アクアティックも期間中は無料でレンタルできますよ。

DVD

 動画配信サービスは手軽で便利だけど、しっかりと映画を鑑賞するなら、やはりDVDやブルーレイがおすすめ。配信サービスでは見られない特典(未公開シーンやメイキング映像)が盛りだくさんですし、視聴期限がなく自由度が高いのもメリットです。

 残念ながらライフ・アクアティックはまだDVDしかありませんが、多くの特典が入っています。