オーウェン・ウィルソン|知られざる性格をすべて公開!

『ナイト・ミュージアム』のカウボーイや『アルマゲドン』のオスカー、『カーズ』の主役の声を担当するなど、有名作品に数多く出演している、ハリウッドの人気俳優オーウェン・ウィルソン。そんな彼の真の姿について伝えるブログです。

父親かどうか不明な男のために遺産をすべて投げ出す!|映画『ライフ・アクアティック』解説②

Life Aquatic

※21年5月にアップした記事のリライトです。


ライフ・アクアティック
解説その2です。

 前回はオーウェンと監督ウェス・アンダーソンの友情と、ネッドがオーウェンのために書かれた役であることをお話しました。

・前回の記事

owenwilson.hatenablog.com

 では、

「具体的にネッドはどこがオーウェンに似ているのか?」 

 今日はこれをテーマに語っていきます。アンダーソンの思い入れが込められているので、彼の映画ファンはぜひどうぞ

 

『ライフ・アクアティック』を観る

Amazonプライムのページに飛びます。

 

🌊映画『ライフ・アクアティック』あらすじ・予告編🌊

 ドキュメンタリー映画の製作者ティーブとその部下たち、スティーブの息子かどうか分からない海軍兵士のネッド(これをオーウェンが演じます)、不倫の子を身籠る若い新聞記者のジェーンらが織りなす人間ドラマ。

 タイトルのアクアティックから連想できるように、常に海が背景に存在する作品で、様々な人間模様や感情が描かれる、かなり奥深いストーリーです。

あらすじ

mihocinema.com 

予告編

 キャストは第1回記事の、登場人物(キャスト)をご覧ください。

🌊オーウェン・ウィルソンの性格が表れているネッドの言動(前編)🌊

 ネッドの人物像にはオーウェン本人の性格が刻印されています。アンダーソンがどのようにオーウェンの性格をストーリーに反映しているか、見ていきましょう。

1.優しい気遣いができる

ビル・マーレイ オーウェン・ウィルソン

Photo by Touchstone Pictures, talkfilmsociety

 冒頭、スティーブ(ビル・マーレイ)が新しい映画を上映して、質疑応答に移った時。バカにしたような質問が次々と寄せられる中、ネッドはただひとり製作者のスティーブを気遣う質問を投げかけます

ネッド:次の映画はいつ製作が始まりますか?

 気まずい雰囲気を何とか救おうとする心遣いはいかにもオーウェンにふさわしい設定。主役級でありながら、さりげなく登場するのも、彼の控えめな性格に似合っています。

 そういえば、ネッドはスティーブの映画をどう思っているか、いっさい口にしません。これも気遣いの表れでしょうか。

2.物惜しみしない

ネッド スティーブ

Photo by Touchstone Pictures, dvdizzy

「おまえは私の息子か?」とスティーブに問われて、「分かりません」と答えるネッド。もう一度聞かれても、同じ答えを繰り返します。

 この率直さと素直さはオーウェンらしいですね。しかし、さらにオーウェンの性質をよく表しているのは、資金繰りに困窮しているスティーブに自分の全財産を差し出して救うこと

 スティーブがエージェントと揉めている最中に飛び込んできて、資産提供を申し出るシーンはとても印象的。

ネッド:状況はよくわからないけど、僕には27万ドルの遺産があります。それって、役に立ちますか?

 自分の父かどうか分からない男の、ヒットする見込みの全くない映画のためにここまで尽くすなんて、誰でもできることではないと思いませんか? (ちなみに、27万ドルは日本円に換算すると、2900万円ほどです)。

f:id:Jane-Knowing:20211117105621j:image

Photo by Touchstone Pictures, EW

 しかも、話はこれで終わりではありません。

 スティーブは何と、ネッドのせっかくの財産を失くしてしまうのです! それも、金庫を船に積んだまま非警備水域を通って、海賊に奪われるというバカさ加減!

 しかし、ネッドは何も言わず、少しも責めません。それだけでなく、ついには船のシステムまで壊れて落ち込むスティーブを励まそうとさえします。

 そんなネッドが唯一自分の財産のことを言うのは、ジャガーサメの探索を諦めようとするスティーブを鼓舞する時

ネッド:僕はこの探検に27万ドル出したんだ! 親友がサメに殺されたんだろ! だったら、(サメが見つかるところまで)案内しろよ! 行こう!

 ネッドはヘリコプターでの捜索を決行し、その結果命を落としてしまいます。

3.プライドが高く、不公平に扱われると怒る

 オーウェンは決しておとなしいばかりではありません。物腰は柔らかくても、心には鉄の精神が宿り、時にはかなりプライドの高さを見せつけることもあります。

 オーウェンのこうした一面も当然ネッドに現れています。ネッドが誇り高い性格を見せるシーンは2つ

f:id:Jane-Knowing:20210511164830j:image

Photo by Touchstone Pictures,  tasteofcinema

 1つめはクラウスと言い争うシーン。この映画でネッドの敵役となるのが、ベラフォンテ号(スティーブの探検船の名前)に技師として乗り込んでいるドイツ人クラウス(ウィレム・デフォー)。彼は理不尽にネッドに嫉妬し、いきなり平手打ちを食わせたり、機会があればバカ呼ばわりまでするほど意地悪

 ネッドは平手打ちされた時、「今度、僕に触ったら歯をへし折る。分かったな?」と警告。数日後あいかわらず意地悪を続けるクラウスに怒って、「おあいこだ」と平手打ちを返します

ライフ・アクアティック ケイト・ブランシェット

Photo by Touchstone Pictures,sundayswithcate

 もう1度ネッドが怒るのはティーブを相手にした時ティーブがネッドとジェーン(ケイト・ブランシェット)の仲に嫉妬し、両者に罵詈雑言を浴びせるシーンです。

 この時もネッドはスティーブに殴られると、黙って引き下がらず、しっかり殴り返しています。

 

 オーウェンが現実でこうした反撃に出たのは、『シャンハイ・ヌーン』のバスタブシーンや、『アイ・スパイ』の髪の長さについて議論した時

Embed from Getty Images

 一方で敵を赦す心も持っているのがオーウェン。彼の性格にはプライドと寛容さが入り混じっていて、このバランスも当然ネッドのキャラクターに忠実に映し出されています。

 特に「これはオーウェンそのもの!」と言えるシーンは・・・ここは次回のお楽しみに取っておきます。

 

つづく➡

owenwilson.hatenablog.com

 

 オーウェンに興味を持って、「他の出演作品も知りたい!」という方は、⬇こちらの記事もどうぞ。

owenwilson.hatenablog.com

🌊『ライフ・アクアティック』を配信しているところは?🌊

 最近はやりのVODでおすすめなのは、大人気のAmazonプライム

 でも、しっかりと映画を鑑賞するなら、やはりDVDやブルーレイがおすすめ。配信サービスでは見られない特典(未公開シーンやメイキング映像)が盛りだくさんです。視聴期限がなく、自由度が高いのもメリットですね。

 残念ながらライフ・アクアティックはまだDVDしかありませんが、多くの特典が入っています。

Amazonプライム

 

DVD

映画の一覧に戻る