オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

『ナイト・ミュージアム』のカウボーイや『アルマゲドン』のオスカー、『カーズ』の主役の声を担当するなど、有名作品に数多く出演している、ハリウッドの人気俳優オーウェン・ウィルソン。そんな彼の真の姿について伝えるブログです。

オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

MENU

「文句屋」と「文句あんのか男」の違い? 魅力的なオーウェンのアドリブの数々 ― 映画『アイ・スパイ』の見どころ②

『アイ・スパイ』第2弾。今日は主に製作にまつわるお話をしましょう。

✈『アイ・スパイ』のあらすじと予告編✈

f:id:Jane-Knowing:20210423143004j:image
Photo by POV, impawards
 2002年公開。若い有能なスパイ(オーウェン・ウィルソン)が、能天気な無敵のボクサー(エディ・マーフィー)とコンビを組んでアメリカから盗まれた戦闘機を取りもどそうとするストーリーで、コメディとアクションが混ざった映画です。

ストーリー

予告編

前回の記事

オーウェン、ケリーとアレックスの関係が対等であることを要求✈

 ベティ・トーマス監督がオーウェンを不当に扱い、いつもよりもオーウェンが反発したことはこの前の記事に書きましたが、その自己主張は映画のストーリーにも反映されています。

滑稽な飛行機内での口論

f:id:Jane-Knowing:20210424131157j:image

Photo by Sony Pictures, imdb

 
 飛行機の中でのコミカルなシーンは、オーウェンの抗議によって生まれたもののひとつ。
 
 元の脚本にも、これからの行動について説明するアレックスオーウェン・ウィルソン)にケリーエディ・マーフィー)が「8時になんかパーティには行かねえ!」とわがままを言う場面はあったのですが、それはブダペストについた後に置かれていました。おまけに、その間ずっとケリーが優勢である予定だったようです。
 
 これをオーウェンは飛行機の中で言い争う設定にし、アレックスケリーの関係が対等になるように変更しました。その結果、アレックスが傲慢な口をきくケリーに毅然とした態度を取る印象的なシーンができあがったのです。
 
 それにしても、このシーンでのアレックスはなかなか巧みですよね?
 
 超小型スパイカメラや盗聴器でケリーの好奇心をくすぐっても言うことを聞かないと分かると、ケリーのお抱えパイロットを眠らせ、飛行機を急降下! さすがのケリーも多少うろたえます。もっとも、時間通りにパーティに行くことを承知するのはブダペストに着いてからなのですが・・・。

二人の出会いのシーンでもしっかり存在を主張

f:id:Jane-Knowing:20210424131311j:image
Photo by Sony Pictures, imdb
 その少し前、アレックスケリーが初めて出会うシーンでも、オーウェン二人の立場が対等であることを強調するアドリブをしています。「きみが主役で僕がボケ役みたいに思っているようだけど、僕らは同じチームだ。きみはパスをくれればいい。僕がシュートするから。きみが喜ぶようにハデにやってやるよ」
 
 これでは、いくら監督が「主役はエディよ!」と言ったところで無駄でしたね。オーウェンは、映画での自己存在価値をしっかり押し出しています。
 
 前にも書いたように、普段はおとなしいオーウェンですが、一度相手の悪意を感じ取ったが最後、もの柔らかな反撃に出るのです。

ケリーと仲良くなる場面もオーウェンが原案を出した

 アレックスケリーと対等に張り合わせる一方で、オーウェンは二人が仲良くなるシーンも丁寧に描きました

文句屋と文句あんのか男

f:id:Jane-Knowing:20210424131449j:image

Photo by Sony Pictures, imdb

 ケリーの秘密保持力を試すテストの後、アレックスが「数多くのスパイがこのテストを受けたが、きみほどの合格者はいなかった」と、ケリーを褒めるシーン。
 
 この部分の後半は完全なオーウェンのアドリブで、ケリーが喜びそうな称賛を惜しみなく浴びせます、「きみは【文句屋】じゃなくて、【文句あんのか男】だ。【文句屋】はブツブツ文句ばっかり言って、何も行動しない【文句あんのか男】は行動が先だ。誇り高く、決して群れない」
 
 ケリーの傲慢さが鼻につくと思いながらも、相手のいいところはしっかり褒める。アレックスが公平な性格であることを覗わせるセリフですね。ここから二人は徐々に距離を縮めていきます。
原語ではややニュアンスの違う表現

 先に上げたセリフの文句屋と文句あんのか男。なかなか面白い表現ですが、厳密に言うと、オーウェンが作り上げたアドリブのセリフはもうちょっと違います。

 原語では、「Why guy」「Why not guy」となっていて、意訳するなら「どうして男」と「何だよ男」。

 続くセリフも「どうして男は、何をするにも何でやらなきゃならない?と聞くばかりで何も行動を起こさない。何だよ男は行動が先・・・」と微妙に違います。

 ただ、「Why guy」と「Why not guy」はかなり日本語に訳しにくいので、文句屋と文句あんのか男になったんだと思います。

 
 いずれにせよ、すっかり気を良くしたケリーが、「おいおい、もうすぐ8時だぞ! パーティに遅れちまう!」と、いそいそと準備を始めるのは見物。最初はあれだけゴネたのに・・・。
 
 ちなみに、盗まれたステルス機の画像を見せられたケリー「こりゃ葉っぱ虫だ! スイッチブレイドなんていう名より、葉っぱ虫のほうがカッコいい!」と意見を述べるのはエディのアイディア。確かに保護のために体の色を変える昆虫と姿が見えなくなるステルス機には共通点がありますよね?

下水道での身の上話

f:id:Jane-Knowing:20210424131652j:image
Photo by Sony Pictures, imdb 
 オーウェンの提案といえば、もう一つ、敵から逃れたアレックスケリーが下水道に隠れ、身の上話をするシーンもそう。この場面が挿入されたのは、オーウェンアレックスケリーが)仲良くするシーンは?」と尋ねたのがきっかけなんです。
 
「仲良くなるシーンは?」とせがむ(?)なんて、オーウェンらしくて可愛いですね。
 
 ここでケリーは初めて強いボクサーの仮面が外れて幼少期の話を始め、アレックスレイチェルファムケ・ヤンセン)に恋していることを打ち明けて、親友になります。
 
 
 このシーンもほぼオーウェンとエディそれぞれのアドリブで成り立っています。そのせいか、オーウェンのシャイな雰囲気、エディのハデだけどその気になれば親切な性質がそのまま出ていますね。
 
 ついでですが、逃走シーンの途中、風船から車両輸送車に飛び降りた直後の会話も二人の完全なアドリブ。
 
アレックス:痛い! 足が折れた!
ケリー:それ見ろ! ケリー様を風船なんかにぶら下げた罰だ!
アレックス:(足に触ってみて)大丈夫だった。折れてない。
ケリー:そいつは残念だったな!
 
 オーウェンとエディは即興の性質が違ったとはいえ、映画を見るかぎりとてもスムース。たわいない会話でも笑わせてくれます。

オーウェンは外国語に強い?

f:id:Jane-Knowing:20210424131803j:image

Photo by Sony Pictures, insider

 ブダペストへ向かう前、ケリーの黒人アシスタントがホテルの予約に手こずって、アレックスが手伝うシーンがあります。

 

 ここでオーウェンハンガリー語を話してみせますが、監督曰くハンガリー語はややこしいから、さすがのオーウェンも手こずっていたわ」

 
 さすがのオーウェンも??? そう、オーウェンがふだん外国語にとても強いのです!『スタスキー&ハッチ』では、アジア人の犯人に向かって韓国語で話しかけるシーンがありましたし、『ズーランダー』でもカットされたもののアジア系の言語を話す場面があったそう。

去年の日本でも、言語能力が役に立った?

 オーウェンは去年から日本で闇組織の手に落ち、こうして記事を書いている今も傷だらけで横たわっていると思いますが、ある筋からの情報によれば、長く監禁されている間にもどんどん日本語を覚えているのだとか・・・
 まあ、自分の目で確認したことではないので、細かいところは分かりませんが、オーウェンなら難しい言語でもたちまち吸収するだろうとは思いますね。
 
「Janeってば、何を物騒な話をしているの???」
 
 そうそう、ご存知ない方もいらっしゃいますよね。ごめんなさい。この件については⬇️を参照ください。
 
 
 
 大丈夫! 世界的に捜査が動き出しましたから、もうじき全員が解放されて、平和が訪れます!!!
 
『アイ・スパイ』国際的犯罪を解決するストーリー。ある点では今の情勢にぴったりかもしれませんね。
 
 この映画、もう少し続けましょう。
 
つづく→
 

⬇️『アイ・スパイ』を視聴する⬇️

 最近はやりのVOD(ビデオオンデマンド)では4社が扱っています。いずれも無料お試し期間があり、期間内に解約すれば、料金は一切かかりません

U-NEXT

 数あるVODの中では最も有名かもしれません。初回登録後、31日間はどの作品も見放題です。

dTV

 こちらも初回登録時は、31日間無料で利用できます。U-NEXTと違って、見放題作品レンタル作品が混在している点に注意が必要。ただ、レンタルはdポイントでの支払いが可能ですから、コンビニなどでたくさん貯まっている方なら、問題はないでしょう。

『アイ・スパイ』はあいにくレンタル作品で、¥330が必要

music.jp

music.jp  

 私が初めて登録したVOD。こちらは無料期間が30日間。これまでの2社より1日少ないので注意してください。登録後1,600円分のポイントが付与されます。『アイ・スパイ』299ポイントで視聴可能

 music.jpの魅力は、毎月お得なクーポンが付与され、お試し期間解約後も無料会員としてレンタルできる点。何と、100%offクーポン(!)もあります。決まった作品にしか使えませんが、かなりの人気作品も対象になるので、毎月チェックしておくことをお勧めします

TSUTAYA

 やはりここも新規登録後30日間は無料ですが、dtvと同じく「見放題作品」「レンタル作品」に分かれています。『アイ・スパイ』レンタル作品のようです

 TSUTAYAにはよそにはない大きなメリットが1つあります。それは、動画配信と宅配レンタルサービスを同時に無料お試しできること! 『アイ・スパイ』も期間中は無料でレンタルできますよ。

DVD

 動画配信サービスは手軽で便利だけど、しっかりと映画を鑑賞するなら、やはりDVDやブルーレイがおすすめ。配信サービスでは見られない特典(未公開シーンやメイキング映像)が盛りだくさんですし、視聴期限がなく自由度が高いのもメリットです。