オーウェン・ウィルソン|知られざる性格をすべて公開!

『ナイト・ミュージアム』のカウボーイや『アルマゲドン』のオスカー、『カーズ』の主役の声を担当するなど、有名作品に数多く出演している、ハリウッドの人気俳優オーウェン・ウィルソン。そんな彼の真の姿について伝えるブログです。

ブログを書く時に私が辿るプロセス|記事構成のマイルーティン!

ブログのマイルーティン

 

 今日は思いっきり日常的な軽い記事。

 

 はてなブログのお題って、ほとんどマッチしなくて無視することが多いのですが、今週のお題「マイルーティン」には参加してみることにしました。

 ヒントになったのは、↓この方の記事。

 

 映画ブロガーとしての習慣をさらっと書かれているのが面白く、私も便乗することに。

 

 

📽気に入った俳優の映画をしっかり考察して書く📽

f:id:Jane-Knowing:20221006171517j:image

Photo by ©︎Picsofcelebrities

 私が絶対にしないのが、「ネタのために映画を観ること」。いくら話題になろうと、Twitterでトレンド入りしても、興味が湧かなければノータッチ。

 たぶん、もっとトレンドの波に乗ればアクセスも増えるのでしょう。でも、それでは何の意味もありません。

 ブログのための映画ではなく、映画のためのブログ。もっと言えば、これはオーウェンの名誉のために書いているブログです。

 いつも軸がブレないように心がけていますよ。

映画を探す

 私の場合、好きな俳優が出演していれば、だいたい何でも観ます。なので、映画を探すのにはたいした手間はかかりません。

 配信サービスやネットショップで俳優の名前を入力したら、あとは選び出して観るだけです。

何回か観た映画を取り上げる

 1回観ただけの映画を取り上げることは、ほとんどありません。というより、私はブログを始める前にオーウェンの映画の大半を3〜4回観ていたので、これは当然と言えば当然ですね。

一般論やレビューで間違った印象が飛び交っていないかチェック

 映画評論サイトやネタバレあらすじサイト、カスタマーレビューなどをさっと見て、実際の内容とかけ離れたイメージが拡散されていないか確認します。

 といっても映画を探している時に、こうした部分も自然とチェックする癖があるので、特に気負ってはいません。

 

 オーウェンの映画では、一般論と実際の映画があまりにかけ離れたイメージであることが多いので要注意

『ウェディング・クラッシャーズ』、『幸せの始まりは』、『ザ・マイナスマン』はその代表格ですね。

 

➡︎関連記事

セリフを原語で確認

 これは映画全体ではありませんが、ブログを書きながら必要に応じてチェックします。

 

 私は必ず映画は字幕で観ますが、字幕の訳し方が的外れなパターンは案外多いです。きちんとセリフを原語で味わうことで、ストーリーやキャラクターの印象を正しく捉えることができますよ。

「味わう」と言っても私の英語力では聞き取ることは不可能なので、英語のスクリプトを読むだけですが…。

記事を投稿する

 ここまでくれば記事はほぼ完成しています。私の場合は1つの映画につき数回にわたることが多いので、キリのいいところでまとめてアップします。

 

📽映画考察でオーウェンのイメージを定着!📽

f:id:Jane-Knowing:20221006171803j:image

Photo by ©︎20thCentury Fox

 オーウェンの性格を正しく伝えるために始めたブログ。たわいない映画の考察をするのも、彼の優しく真面目なイメージを広めるには、かなり効果的です。

 

 オーウェンはかなりアドリブの多い俳優で、可能な時にはストーリーそのものにも意見を出すタイプ。なので、彼が作り上げた役柄を吟味するだけでも、オーウェンの性格を浸透させるには充分です

 気軽な映画の記事であれば、アンチに絡まれる危険も少ないですし、いざフェイクニュースを非難する記事を書いた時にも説得力が増す効果があります。

 

 10月も集団ストーカーとの戦いの合間を縫って、コツコツとブログ活動をしていきますね。