オーウェン・ウィルソン ― 人気俳優の性格を正しいイメージで捉える

オーウェン・ウィルソン ― 人気俳優の性格を正しいイメージで捉える

『ナイト・ミュージアム』のカウボーイや『アルマゲドン』のオスカー、『カーズ』の主役の声を担当するなど、有名作品に数多く出演している、ハリウッドの人気俳優オーウェン・ウィルソン。そんな彼の真の姿について伝えるブログです。

この偽画像を作ったのは誰? シェリル・クロウとは交際していない!①

 まともな映画を語ったと思ったら、またフェイク関係に逆戻りです。

 

『シャンハイ・ヌーン』の第3回に貼ったプレミアの写真がヒントになって、ハッとしたのですが・・・。

 今回は説明のために、画像に番号を振りますね。

Embed from Getty Images  
⬆️これがプレミアの写真。
 このオーウェン、ポップ歌手のシェリル・クロウ と写っている数枚の写真↓とほぼ同じなんです。もちろん角度や表情は違いますが、オーウェンを見れば、同じ時のショットだとはっきり分かります。
 
f:id:Jane-Knowing:20210420175831j:image
f:id:Jane-Knowing:20210420180056j:image
Photo by Getty, popsuger
 後ろにシャンハイ・ヌーンのポスターがありますね。でも、シェリルはこの映画には出ていません
 
「それが何か? プレミアに恋人を連れてきただけでしょう?」
 
 いいえ、それは違うでしょう。確かに、俳優が自分の家族や恋人を伴ってプレミエに現れる事は珍しくありません。でも、↑はどう見ても出演者どうしのような写り方です。しかも、シェリルとの2枚はあちこち違和感が・・・。
 
 ここまで書けば、皆さんも嫌な予感がするでしょうね。その予感は当たりです。この2枚は皆さんも耳にタコができるほどお馴染みのもの、つまり合成写真! どうも胡散臭いので、シェリルとの交際に関する調査 (そんな大げさなものではありませんが)に乗り出しました。
 
 まず、②・③をよく見比べてください。ちょっと難しい? よくよく見れば分かるんですが・・・。では、答え。と言っても、いくつもありますから、順に書いていきますね。
 

1.オーウェンの髪がおかしい

 
 まずはオーウェンの髪。前髪のかかり具合はどちらも同じなのに、ではちょっと短めに感じませんか? これを見てまず思い出すのは、写真加工ソフトの切り抜き機能。使ったことのある方ならお分かりになると思いますが、切り抜く時に必要なアウトラインが少し削れてしまう事はよくあるんです。もう一度見てください。オーウェンの頭は切り抜いたものだと分かりますよ。
 

2.背景は空港?

 
  ではポスターはあるものの、左側は空港の雰囲気。でも、なぜ空港? 意味不明ですね。それに、の背景にいる人たちはどんな風になってるんでしょう? 指がおかしな向きで宙に浮いているように見えたり、あげくには首なし男・・・??? やめてくださいよ、気持ちが悪い!!
 

3.オーウェンの手、不自然なキス

 
 オーウェンの右手を見てください。間に違う指が混ざりこんでいる??? まさか! でも、この角度からこんな風に写るはずはありません。それに、オーウェンシェリルに腕を回していませんね。「ちゃんとシェリルの肩に左手があるけど?」と、言われそうですが、これが問題なのです。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、この回し方は微妙に不自然です。キスはしていますが、オーウェンの視線は・・・ちょっと変ですね。
 
 あら、これは何でしょう? オーウェンの唇の下を見てください。オーウェンの唇の下を見てください。
 
シェリルは唇が2つ???
 
 怖いですね。もう、これじゃお化けですよ。首なし男に、宙に浮いた謎の指、今度は二つの口を持つ女くだらないホラー映画のつもりですか? オーウェンシェリルにキスしたんじゃなさそうですね。
 

4.服に変なところがある

 
 オーウェンのスーツの襟はどうしたんでしょう? 左はちゃんと襟があるのに、右側はシルエットしかありません。一部だけ露光度を上げすぎたんでしょうね。白浮きしています。
 シェリルの脇の下にある謎の水玉は? ポーチでもバッグでもありませんね。オーウェンのバッジ付近は、そこだけ色が濃すぎるところがありますし、シェリルのスカートはのどちらも・・・。書き出したら、キリがありませんから、この辺で止めておきましょう
 
 たぶん、本当はシェリルではなく、ルーシー・リューがいらしたのではないでしょうか。どうも彼女を消して、シェリルを載せたように見えます。オーウェンがキスしているのは、ルーシーの頭だったのかもしれません。位置的にも、視線から言ってもそう考えたほうが自然です。それにしても、勝手に置き換えるとは、
 
ルーシー・リューに失礼です!
 
 それにしても、よくも下手に合成したものですね。えっ、答えを聞いてもどこが合成か分からない? 画像そのものが暗いですし、環境によっては見えにくいかもしれませんね。そんな方には、せめて一つだけは納得できるものを用意しましょう。
 
⬇️こちらの動画をどうぞ。
 
 
シャンハイ・ヌーンプレミア時の抜粋映像です。じっくり見てみましたが、これは本物でした(←毎回この検証から入らないといけないのは面倒ですね)。ルーシーは出てきませんが、オーウェンもジャッキーもと同じ服・髪型ですオーウェン3:28あたりで登場しますが、シェリル・クロウはいません。これで、シャンハイ・ヌーン』プレミアに二人が一緒にいなかったことはお分かりいただけるでしょうシェリルは出演者ではありませんから、恋人として同伴したのであれば、オーウェンの入場時にいたはずです。
 ところでこの映像のオーウェン、途中で逃げ出していますね。入場の時も駆け込んできた雰囲気が・・・。彼が去っていく時に理由が分かりました。女性に追いかけられていたんですね。この女性、インディアン娘を演じた人かしら。まあ誰であれ、オーウェンがインタビューに答えようとしている時に、横から口を挟むのはいけません。
 
 自分の理想に合わない相手には決して妥協しないのが彼のモットー。嫌な相手とお情けで交際することは、まずありません。
 
「で、シェリル・クロウと交際していないという根拠は? 写真見せられただけで、まだ肝心なところに来てないんだけど。」
 はい、本当にそうですね。ごめんなさい、長くなったので、その肝心の部分は次の記事に回させてください。でも、ヒントだけはクイズとして出しておきましょう。
 
ここに生真面目で理想の高い男あり。しかしながら、この男がおよそ自分に相応しからずと考える女との交際が知られる。それは何故か? ただの合成写真・デマでは済まぬ事情とすれば、汝は何を連想するか?
 
 ちょっと古典的な表現で書きましたが、考えてみてください。何ですって、もう答えがわかった? それは素晴らしい。
 
 では、詳細は次回に!
 
 
つづく→