オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

『ナイト・ミュージアム』のカウボーイや『アルマゲドン』のオスカー、『カーズ』の主役の声を担当するなど、有名作品に数多く出演している、ハリウッドの人気俳優オーウェン・ウィルソン。そんな彼の真の姿について伝えるブログです。

オーウェン・ウィルソン ― 知られざるイメージをすべて公開!

オーウェンは孤児だった?! ― 子供時代はまるでシンデレラ ①

 ディープフェイク、ないしは怪しげな映画の話はもっとあるし、ヴァルーニー事件の話もまだですが、同じテーマばかりでは飽きがくるので、今回はオーウェンの子供時代について。

 


f:id:Jane-Knowing:20210417123703j:image
小学校時代のオーウェン
 
f:id:Jane-Knowing:20210417123736j:image
Photo by Laula Wilson, oprah
犬を抱く10代のオーウェン
 
 とても可愛い少年ですね。素直で賢そうです。ところが・・・
 
オーウェンは子供時代の事まで根も葉もない悪口を書かれている!
 
 ネットで彼の少年時代について書かれたものを拾い読みすると、あまりの作り話に腹が立ってきます「高校時代に不正をした」、「落ち着きのない子供だった」、「あまりにもやんちゃで両親に迷惑をかけた」etc・・・。
 
 またまたイメージ払拭に努めなくてはなりません。なぜ、彼はこんなにイメージを貶められるのでしょう? もちろん、事実をきちんと書いたものもありました。その内容を要約すると、
 
オーウェンは子供の時は非常に孤独で、兄弟と遊ぶことすら許されず、厳しい環境の下に育った。幼い頃の寂しさは成長した今になっても、彼の心に深く残っている。」
 
 これは真実です。さて、これからオーウェンと親しいごく一部の人しか知らない、彼の生い立ちについて、お話ししましょう。
 

1.オーウェンはウィルソン家の子供ではない?

 
 オーウェンは、一般的にはアイルランド系両親の下に生まれた3人兄弟の一人とされています。しかし、これは事実に反しています。オーウェンは資産家の家の孤児であり、ウィルソン夫妻の養子になったのです。
 
 納得できませんか? では、↓の写真を比較してみてください。
 
f:id:Jane-Knowing:20210417124032j:image
Photo by movieplayer
兄、アンドリュー
 
f:id:Jane-Knowing:20210417124153j:image
弟、ルーク

 

f:id:Jane-Knowing:20210417124716j:image
お馴染みのオーウェン
 
 どうですか? アンドリューは黒目・褐色の髪(ある時から髪を金色に染めているようですが)。ルークは濃い灰色の目・黒髪。さらに二人ともやや浅黒い肌色をしていますね。ところが、オーウェンだけは金髪・青い目・色白なのです。
 

2.遺伝学の点から言っても・・・

 
 遺伝学については、⬇️2つの記事でさんざん書きました。
が、話を進めるため、ここでもう一度簡単に説明させてください。
 
 ウィルソン夫妻は若い頃のカラー写真がないので、ここに載せるのはやめておきます。しかし白黒写真で見ても、父・ロバート・アンドリュー色白で目の色が薄いのは分かります。一方、母・ローラ黒目・黒髪・浅黒い肌
 遺伝も複雑ですが、この夫婦の組み合わせなら、アンドリュールーク自然に生まれそうですね。しかし、オーウェン不可能
 
 以前も書いたとは思いますが、遺伝子には優性劣性があり、大雑把に言えば、色の濃いものが優性薄いものが劣性です。
 この法則に従えば、オーウェンの特徴である金髪・青い目・色白はすべて劣性遺伝子。ですから、
 
オーウェンは、この夫婦からは生まれようがありません。
 
 ネット上でもしばしば、オーウェンを他の兄弟や母親と比較して「少しも似てない」という意見があるのですが、それも当然です。
 
 オーウェンの本当の血筋はアイルランド系ではなく、ウェールズだと聞きます。確かに、そのほうがしっくり来ますね。アイルランド人の金髪は非常に珍しいですし、オーウェンの雰囲気はいかにもウェールズです。もう一つ、オーウェンという名前そのものも、ウェールズ発祥なのです
 
 遺伝のことを書いただけで、すっかり長くなってしまいましたね。ということで、オーウェンの子供時代の話、次に続きます。
 
 
つづく→